幇助(読み)ホウジョ

デジタル大辞泉 「幇助」の意味・読み・例文・類語

ほう‐じょ〔ハウ‐〕【×幇助】

[名](スル)
手を貸すこと。手助け援助。「国外から脱出幇助する」
他人犯罪行為を容易にするため、有形無形方法助力すること。「自殺幇助
[類語]助けるける手伝う手助け助力助勢加勢助太刀すけだち力添え協力援助応援支援後押しり立てるバックアップフォロー力を貸す手を貸す肩を貸す犬馬の労一肌脱ぐ片肌脱ぐ肩を持つ与する補助補佐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「幇助」の意味・読み・例文・類語

ほう‐じょハウ‥【幇助・&JISF0FA;助】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 力を添えて助けること。手助けをすること。補助。援助。〔小説字彙(1784)〕
    1. [初出の実例]「我が大爺とグリーム大爺との幇助を仰ぎ」(出典:春窓綺話(1884)〈高田早苗・<著者>坪内逍遙・<著者>天野為之訳〉二)
  3. 法律で、他人の犯罪の実行行為有形無形に援助し、その実現を容易にすること。
    1. [初出の実例]「堕胎の幇助(ホウジョ)でも、医師産婆なぞは一等罪が重いんだからね」(出典青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android