紅幇(読み)コウホウ

百科事典マイペディアの解説

紅幇【ホンパン】

中国,太平天国滅亡後の華中で組織された秘密結社で,初め反清朝的であった。青幇(チンパン)と並称される有力な結社で,都市労働者・下層民間に拡大し,孫文の民国革命には力があった。哥老会(かろうかい)も紅の一支派とされる。→会党
→関連項目秘密結社四・一二クーデタ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

紅幇

中国の清・民時代の揚子江流域から華南地方を中心に勢力のあった労働者、下層遊民の秘密結社。「ホンパン」または「こうほう」と読む。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホンパン【紅幇 Hóng bāng】

中国近代の反体制的秘密結社。洪幇の転化音ともいわれるように,洪門すなわち天地会の流れをくむ諸組織の統称。哥老会もその一支派とされる。近代において,青幇(チンパン)と対をなす秘密結社とされる。青幇が上海,天津などの開港場を中心としたのにたいし,紅幇は長江(揚子江)中流域内陸部から華南にかけて勢力を張った。そのもっとも特色あるスローガンは〈劫富済貧(富者を劫掠(ごうりやく)して貧者を救済する)〉である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうほう【紅幇】

ホンパン【紅幇】

〔中国語〕
中国、清代・民国時代の青幇チンパンと並ぶ秘密結社。長江(揚子江)一帯に勢力をふるい、国民党と結んだ。こうほう。 → パン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の紅幇の言及

【私刑】より

…《水滸伝》など小説・戯曲類にあらわれる姦夫姦婦と称して男女を殺害することなども,公権力によって裁かれる性質のものであることを否定しない。 したがって最も典型的な私刑の例を中国史上に求めるならば,紅槍会・青幇(チンパン)・紅幇(ホンパン)などの秘密結社におけるそれであろう。ここでは組織の統制を維持し,秘密を保持するため,規約を定めて私刑を行った。…

※「紅幇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android