コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青幇 セイホウ

デジタル大辞泉の解説

せいほう〔セイハウ〕【青幇】

チンパン

チンパン【青幇】

《〈中国語〉》中国、民国時代の秘密結社。大運河の漕運労働者を中心として起こり、清末に漕運が廃止されると、下層労働者・遊民層を吸収。塩やアヘンの密売などで巨利を得、上海を拠点に勢力を拡大。国民党と結び、大きな政治的、経済的影響力をもった。せいほう。→紅幇(ホンパン)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

青幇【チンパン】

中国の秘密結社の一つで,紅幇(ホンパン)と並称される。清代初期に組織された大運河の荷役労働者の自衛的団体が源流とされ,清末〜民国では華北・華中の下層民の中に拡大し,その首領は杜月笙(とげつしょう)(1888年―1951年)とされた。
→関連項目哥老会秘密結社四・一二クーデタ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チンパン【青幇 Qīng bāng】

中国近代の秘密結社。清とも書く。清代初期に組織された大運河の荷役労働者の自衛的団体がその源流とされるが,アヘン戦争(1840‐42)後の中国社会の変容にともなって生みだされた膨大なルンペン層を包含する組織として,清末に上海などの開港場を中心に強大な勢力を確立した。もとは反官的性格をもっていたが,近代のそれは外国租界当局と結託するなど官憲の補助機能的役割が目立ち,とりわけ蔣介石を助けて四・一二クーデタ(1927)をおこなってからは,国民党支配のための非公然暴力装置として重要な役割をはたした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の青幇の言及

【私刑】より

…《水滸伝》など小説・戯曲類にあらわれる姦夫姦婦と称して男女を殺害することなども,公権力によって裁かれる性質のものであることを否定しない。 したがって最も典型的な私刑の例を中国史上に求めるならば,紅槍会・青幇(チンパン)・紅幇(ホンパン)などの秘密結社におけるそれであろう。ここでは組織の統制を維持し,秘密を保持するため,規約を定めて私刑を行った。…

※「青幇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青幇の関連キーワード陳其美会党

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青幇の関連情報