コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウ

デジタル大辞泉の解説

どう【×幢】

昔、儀式または軍隊の指揮などに用いた旗の一種。彩色した布で作り、竿の先につけたり、柱に懸けたりした。はたほこ。
魔軍を制する仏・菩薩(ぼさつ)のしるし。また、仏堂装飾とするたれぎぬ。

はた‐ほこ【×幢】

《「はたぼこ」とも》上部に小旗をつけた鉾(ほこ)朝儀法会儀仗(ぎじょう)として用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どう【幢】

〔呉音〕
はたほこ 」に同じ。
仏教の荘厳しようごん具の一。仏・菩薩が法の王将であることを象徴する旗。竿につるし、あるいは柱にかける。 → ばん
とばり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幢の関連キーワード大分県豊後大野市清川町天神大分県豊後大野市千歳町柴山茨城県東茨城郡城里町那珂西大分県豊後大野市三重町宮野奈良県北葛城郡王寺町本町はた(旗/幢/幡/旌)北海道松前郡松前町松城閻魔天・焔摩天・焰摩天三重県多気郡明和町斎宮奈良県生駒市小平尾町大分県佐伯市直川赤木東京都立川市柴崎町宮崎県小林市水流迫山形県南陽市三間通東京都北区赤羽閻魔天曼荼羅見る目嗅ぐ鼻宝幢佩楯愚痴の闇解脱幢相

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幢の関連情報