(読み)どう

精選版 日本国語大辞典「幢」の解説

どう ダウ【幢】

〘名〙
竿先端に、種々に色したでつくったをつけたもの。軍陣などの指揮や、儀式に用いた。はたほこ。
※続日本紀‐大宝元年(701)正月乙亥朔「天皇御大極殿朝、其儀於正門烏形幢」 〔後漢書‐輿服志〕
② ①より、魔軍を破摧する法(のり)の王であるを象徴して仏・菩薩の荘厳具としたもの。龍や宝珠を上端につけて竿につるし、堂内のにかける。→法幢
貞信公記‐抄・延長四年(926)四月一五日「参法性寺、令立幢修諷誦」
③ とばり。たれぎぬ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「幢」の解説

どう【×幢】

昔、儀式または軍隊の指揮などに用いた旗の一種。彩色した布で作り、竿の先につけたり、柱に懸けたりした。はたほこ。
魔軍を制する仏・菩薩ぼさつのしるし。また、仏堂装飾とするたれぎぬ。

はた‐ほこ【×幢】

《「はたぼこ」とも》上部小旗をつけたほこ朝儀法会儀仗ぎじょうとして用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android