コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウ

デジタル大辞泉の解説

どう【×幢】

昔、儀式または軍隊の指揮などに用いた旗の一種。彩色した布で作り、竿の先につけたり、柱に懸けたりした。はたほこ。
魔軍を制する仏・菩薩(ぼさつ)のしるし。また、仏堂の装飾とするたれぎぬ。

はた‐ほこ【×幢】

《「はたぼこ」とも》上部に小旗をつけた鉾(ほこ)朝儀法会儀仗(ぎじょう)として用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どう【幢】

〔呉音〕
はたほこ 」に同じ。
仏教の荘厳しようごん具の一。仏・菩薩が法の王将であることを象徴する旗。竿につるし、あるいは柱にかける。 → ばん
とばり。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幢の関連情報