コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

儀仗 ギジョウ

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐じょう〔‐ヂヤウ〕【儀×仗】

儀式に用いる装飾的な武具・武器。
儀式

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎじょう【儀仗】

とは儀式に用いる兵仗(武器)をさす古語(《唐書》)であり,儀仗を帯びて元首の威儀整飾に任ずる兵員を儀仗兵(英語ではa guard of honour)という。現代では,不慮の変に備えて警衛に重きをおくことが多い。旧日本陸・海軍では,天皇が軍隊,艦隊を訪ねるとき,儀仗に供する部隊を儀仗兵と称した。特命検閲使そのほか特に定められた高級者に供する場合も同じである。儀仗兵を分けて儀仗隊儀仗衛兵とし,儀仗隊は途上の警衛に,儀仗衛兵は宿舎の護衛に任じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎじょう【儀仗】

儀式に用いる装飾的で形式化した武器。
儀式。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の儀仗の言及

【太刀】より

…太刀身も作銘(さくめい)は佩表(はきおもて)に入れるのを常とするから,外装がなくとも,刃を上に向けて腰に差す打刀(うちがたな)の類とは容易に識別することができる。太刀の種類は礼典用の儀仗(ぎじよう)と軍陣用の兵仗(ひようじよう)に大別されるが,つねに新様式の発達にともなって,軍陣用も旧様式は形式的となり,儀仗化している。古く古墳出土の遺品は,把(柄)頭(つかがしら)に手だまりを大きくこしらえるのを特色とし,頭椎(かぶつち)といって柄頭を立体的に大きくふくらませたものと,環(鐶)頭(かんとう)といって環としたものと,方頭,円頭,圭頭などに分けられる。…

※「儀仗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

儀仗の関連キーワード衛府の太刀靫・靭・靱飾り太刀代頭椎の大刀鳥頭の太刀胡簶・胡籙飾り太刀カズンズ闕腋の袍唐様太刀頭椎大刀近衛師団近衛連隊近衛府長太刀飾太刀形式化兵庫寮細太刀近衛兵

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

儀仗の関連情報