コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平和的変更 へいわてきへんこう peaceful change

2件 の用語解説(平和的変更の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平和的変更
へいわてきへんこう
peaceful change

国際法により保障された現在の国際法的秩序を平和的手段によって変更すること。統一的,組織的な立法機関のない国際社会では,現状を社会の変動に対応して変更することが困難で,戦争その他武力行使による現状打破が行われがちである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平和的変更
へいわてきへんこう
peaceful change

国際社会における現状を平和的に変更することをいう。国際社会の現状を時代の推移に適合させて変更させていくことができなければ、武力によってこれを打破しようとする国が現れるであろう。平和の維持にとっては現状を平和的に変更することが必要である。このような認識に基づいて、国際連盟規約は、適用が適当でなくなった条約の再検討や、平和を危うくする国際状態の審議を総会が勧告できると規定した(14条)。現在の国連憲章では「総会は、起因にかかわりなく、一般的福祉又は諸国間の友好関係を害する虞があると認めるいかなる事態についても、これを平和的に調整するための措置を勧告することができる」と規定されている(14条)。[石本泰雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平和的変更の関連キーワード宇宙法国際責任国際法国際法委員会条約立作太郎独立国田岡良一《国際法》国際法人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone