コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山周 ひらやま しゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山周 ひらやま-しゅう

1870-1940 明治-昭和時代前期の中国革命運動の協力者。
明治3年生まれ。30年外務省派遣の形で清(しん)(中国)にわたり,秘密結社を調査。同年平山の語学教師の名目で孫文滞日許可をえた。以後,中国革命支援に活躍。昭和15年死去。71歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。東洋英和学校卒。号は二楸庵,万里。著作に「支那革命党及秘密結社」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひらやましゅう【平山周】

1870‐1940(明治3‐昭和15)
福岡県の人。号は二楸庵,万里。友人宮崎虎蔵(滔天)の意見に賛同し,中国革命事業に献身した。1897年の孫文の滞日の際には,平山の雇人の名目で当局の許可を得たのであり,恵州蜂起から第三革命まで,陰に陽に革命派を助けた。1931年,国民政府は陸海空軍総司令部顧問に任じてその功に報いた。革命援助のための秘密結社調査がのち1911年に《支那革命党及秘密結社》と題して公表されたが,この方面の功績も忘れることはできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平山周の関連キーワード和田 三郎松岡 好一望月 権平秋刀魚の味和田三郎松岡好一望月権平

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android