コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山周 ひらやま しゅう

2件 の用語解説(平山周の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山周 ひらやま-しゅう

1870-1940 明治-昭和時代前期の中国革命運動の協力者。
明治3年生まれ。30年外務省派遣の形で清(しん)(中国)にわたり,秘密結社を調査。同年平山の語学教師の名目で孫文の滞日許可をえた。以後,中国革命支援に活躍。昭和15年死去。71歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。東洋英和学校卒。号は二楸庵,万里。著作に「支那革命党及秘密結社」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひらやましゅう【平山周】

1870‐1940(明治3‐昭和15)
福岡県の人。号は二楸庵,万里。友人宮崎虎蔵(滔天)の意見に賛同し,中国革命事業に献身した。1897年の孫文の滞日の際には,平山の雇人の名目で当局の許可を得たのであり,恵州蜂起から第三革命まで,陰に陽に革命派を助けた。1931年,国民政府は陸海空軍総司令部顧問に任じてその功に報いた。革命援助のための秘密結社調査がのち1911年に《支那革命党及秘密結社》と題して公表されたが,この方面の功績も忘れることはできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平山周の関連キーワード三田村鳶魚小柳司気太飯野喜四郎加藤諦見紀俊秀杵屋正次郎(4代)木村庄之助(20代)久米田新太郎野村洋三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平山周の関連情報