コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山蘆江 ひらやま ろこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山蘆江 ひらやま-ろこう

1882-1953 大正-昭和時代の小説家。
明治15年11月15日生まれ。「都新聞」などの花柳・演芸欄を担当。大正15年長谷川伸らと第1次「大衆文芸」を創刊(昭和6年の第2次は単独で発刊)。都々逸(どどいつ),小唄(こうた)の作詞もした。昭和28年4月18日死去。70歳。兵庫県出身。東京府立四中(現戸山高)中退旧姓は田中。本名は壮太郎。作品に「唐人船」「西南戦争」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平山蘆江
ひらやまろこう
(1882―1953)

小説家、随筆家。神戸に生まれる。本名壮太郎。実父田中正二は旧薩摩(さつま)藩船御用さつま屋7世。実父没後、長崎の酒屋平山家に入った。東京府立四中(現戸山高校)を中退、満州(中国東北部)で新聞記者を勤めたのち帰国し、『都新聞』『読売新聞』の花柳(かりゅう)演芸記事を担当、花柳ものを得意とした。1926年(大正15)長谷川伸(はせがわしん)らとともに第一次『大衆文芸』を創刊。31年(昭和6)に第二次『大衆文芸』を刊行。大衆文芸の振興に活躍した。小説『唐人船』(1926~27)、『西南戦争』(1926)などのほかに、随筆、また都々逸(どどいつ)、小唄(こうた)の作詞にも数多くの作品がある。[武蔵野次郎]
『『大衆文学大系5 平山蘆江他集』(1971・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

平山蘆江の関連キーワード尾上 菊五郎(6代目)市川 団十郎(9代目)武蔵野次郎昭和時代小説家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android