コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山蘆江 ひらやま ろこう

2件 の用語解説(平山蘆江の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山蘆江 ひらやま-ろこう

1882-1953 大正-昭和時代の小説家。
明治15年11月15日生まれ。「都新聞」などの花柳・演芸欄を担当。大正15年長谷川伸らと第1次「大衆文芸」を創刊(昭和6年の第2次は単独で発刊)。都々逸(どどいつ),小唄(こうた)の作詞もした。昭和28年4月18日死去。70歳。兵庫県出身。東京府立四中(現戸山高)中退。旧姓は田中。本名は壮太郎。作品に「唐人船」「西南戦争」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平山蘆江
ひらやまろこう
(1882―1953)

小説家、随筆家。神戸に生まれる。本名壮太郎。実父田中正二は旧薩摩(さつま)藩船御用さつま屋7世。実父没後、長崎の酒屋平山家に入った。東京府立四中(現戸山高校)を中退、満州(中国東北部)で新聞記者を勤めたのち帰国し、『都新聞』『読売新聞』の花柳(かりゅう)演芸記事を担当、花柳ものを得意とした。1926年(大正15)長谷川伸(はせがわしん)らとともに第一次『大衆文芸』を創刊。31年(昭和6)に第二次『大衆文芸』を刊行。大衆文芸の振興に活躍した。小説『唐人船』(1926~27)、『西南戦争』(1926)などのほかに、随筆、また都々逸(どどいつ)、小唄(こうた)の作詞にも数多くの作品がある。[武蔵野次郎]
『『大衆文学大系5 平山蘆江他集』(1971・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平山蘆江の関連キーワード土師清二川崎長太郎伊藤人誉大泉黒石木村文助諏訪三郎寺崎浩寺本忠雄戸川貞雄野沢純

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone