コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平行盛 たいらの ゆきもり

2件 の用語解説(平行盛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平行盛 たいらの-ゆきもり

?-1185 平安時代後期の武将,歌人。
平基盛の子。治承(じしょう)4年近江(おうみ)(滋賀県)の源氏鎮圧に活躍。元暦(げんりゃく)元年備前(岡山県)児島で佐々木盛綱に敗れ,2年3月24日壇ノ浦の戦いで討ち死にした。都落ちの際,和歌の師藤原定家に歌集を託し,そのうちの1首が「新勅撰和歌集」にみえる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平行盛

没年:文治1.3.24(1185.4.25)
生年:生年不詳
平安末期の武将。清盛の次男基盛の子。父基盛は早世した。正五位下,左馬頭・播磨守。和歌をよくし,藤原定家に師事した。治承4(1180)年5月,源頼政を宇治で破ったのをはじめ,源平争乱の進展にともない,近江・尾張・北陸などを転戦して源氏の追討に当たる。平家都落ちののち,元暦1(1184)年12月,備前児島の戦で敗北して屋島に引きあげた。『平家物語』によると,翌年3月,壇の浦の戦で,従兄弟の資盛・有盛と手をとりあって入水したという。なお,平家都落ちのおり,藤原定家に歌集一巻を託し,そのうちの1首「ながれての名だにもとまれゆくみづのあわれはかなきみはきえぬとも」が『新勅撰和歌集』に収められた話は有名である。

(田中文英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平行盛の関連キーワード平盛国平家妹尾兼康平維将平資盛平経盛平基盛平盛兼藤原景家藤原景綱

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone