コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平高棟 たいらの たかむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平高棟 たいらの-たかむね

804-867 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
延暦(えんりゃく)23年生まれ。葛原(かずらはら)親王の第1王子。天長2年姓をあたえられ,臣籍にくだる。のち正三位,大納言。その子孫のおおくは文官として朝廷につかえたため,武官として地方に土着した弟高見王の系統に対して,公家平氏(堂上平氏)と称される。貞観(じょうがん)9年5月19日死去。64歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たいらのたかむね【平高棟】

804‐867(延暦23‐貞観9)
平安前期の貴族桓武天皇の孫。葛原(かずらはら)親王の第1子。幼時より聡明で読書を好む。823年(弘仁14)20歳で従四位下となり,825年(天長2)平姓を与えられ臣籍に下る。中務大輔,兵部大輔,大蔵卿刑部卿を経て,851年(仁寿1)参議に列する。858年(天安2)正三位に進み,864年(貞観6)大納言に達した。子孫は平高望(たかもち)の場合と異なり,地方に土着,武士化することなく中央の貴族にとどまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平高棟の関連キーワード平氏(へいし)藤原有子(1)桓武平氏平惟範平正範平実雄平時信平季長平知信公卿

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android