コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻影肢 ゲンエイシ

4件 の用語解説(幻影肢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんえい‐し【幻影肢】

四肢の一部を切断したのに、まだ存在しているかのように感じられる現象。幻覚肢。幻肢。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げんえいし【幻影肢 phantom limb】

幻覚肢ともいう。事故や外科手術で突然四肢を失った場合,喪失した四肢がまだ実在するようにありありと感ずる現象をいう。脳卒中や脳の外傷あるいは脊髄損傷末梢神経障害で四肢が突然麻痺した場合にも,麻痺のない四肢の存在を感ずることがある。幻影肢はそれまでの四肢と同様に自由に屈伸でき,痛みやかゆみも感ずる。同様の現象はまれながら乳房や陰茎が切断された際にもみられる。幻影肢は16世紀にフランスの外科医A.パレによって記述されたものであるが,20世紀には幻影肢発生の機序を考察することによって,身体図式body schema(ピックA.Pick,1922)ないし身体心像body image(ファン・ボゲールL.van Bogaert,1934)という概念が確立されるに至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんえいし【幻影肢】

手足など身体の一部を喪失したあとでも、その部分がまだ存在するかのように痛みやかゆみなどを感じる現象。幻肢。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone