コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻影肢 ゲンエイシ

4件 の用語解説(幻影肢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんえい‐し【幻影肢】

四肢の一部を切断したのに、まだ存在しているかのように感じられる現象。幻覚肢。幻肢。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんえいし【幻影肢 phantom limb】

幻覚肢ともいう。事故や外科手術で突然四肢を失った場合,喪失した四肢がまだ実在するようにありありと感ずる現象をいう。脳卒中や脳の外傷あるいは脊髄損傷末梢神経障害で四肢が突然麻痺した場合にも,麻痺のない四肢の存在を感ずることがある。幻影肢はそれまでの四肢と同様に自由に屈伸でき,痛みやかゆみも感ずる。同様の現象はまれながら乳房や陰茎が切断された際にもみられる。幻影肢は16世紀にフランスの外科医A.パレによって記述されたものであるが,20世紀には幻影肢発生の機序を考察することによって,身体図式body schema(ピックA.Pick,1922)ないし身体心像body image(ファン・ボゲールL.van Bogaert,1934)という概念が確立されるに至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんえいし【幻影肢】

手足など身体の一部を喪失したあとでも、その部分がまだ存在するかのように痛みやかゆみなどを感じる現象。幻肢。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幻影肢
げんえいし

幻肢」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幻影肢の関連キーワード手術日帰り手術四肢執刀剪刀最小侵襲手術減量手術バッフル効果外科手術幻覚肢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone