コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広川晴軒 ひろかわ せいけん

3件 の用語解説(広川晴軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広川晴軒 ひろかわ-せいけん

1803-1884 江戸後期-明治時代の洋学者。
享和3年5月20日生まれ。越後(えちご)(新潟県)小千谷(おぢや)の商人。57歳で江戸に出,箕作阮甫(みつくり-げんぽ)の塾で洋学をまなぶ。慶応元年刊の「三元素略説」で,温(熱),光,越素(電気)は本来同一のものであると論じた。この説は死後,狩野亨吉(かのう-こうきち)によって紹介され注目された。明治17年1月14日死去。82歳。通称は徳三郎。別号に九皐楼(きゅうこうろう)主人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

広川晴軒

没年:明治17.1.14(1884)
生年:享和3.5.20(1803.7.8)
幕末明治期の洋学者。越後小千谷(小千谷市)の質商広川三右衛門の次男。諱 は魯。亀七,徳三郎と称し,雅号は晴軒,九皐楼主人。一時酒業を営んだが振るわず,独学で天文,地理,化学を修め,56歳で江戸に出て箕作阮甫に蘭学を学んだ。帰郷後著述に専念,『三元素略説』『舍密一家言』『地球論』『儒仏比較論』『男女配匹論』などを著した。慶応1(1865)年刊の『三元素略説』で,当時西欧で別々の3元素と考えられていた温素(熱),光素(光),越素(電気)は本来同一始原に発するという独自の説を思弁的に論じた。一家言を持った科学思想家で,明治3(1870)年太陰暦に代わり太陽暦を採用すべしと集議院へ建白した。

(芝哲夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広川晴軒
ひろかわせいけん
(1803―1884)

幕末・明治初期の洋学者。越後(えちご)小千谷(おぢや)(新潟県小千谷市)の質屋の子として生まれる。通称は亀七、のち徳三郎、名は魯(ろ)、晴軒は号で九皐楼(きゅうこうろう)主人ともいう。分家を継ぎ家業に従ったが学問を志し、56歳のとき和算家佐藤雪山(1814―1859)に入塾、58歳の1860年(万延1)江戸に出て、洋学者箕作阮甫(みつくりげんぽ)の塾に入り洋学を学んで帰郷。著述を業とし、メルカトル図法による世界図などを書いている。1866年(慶応2)刊の『三元素略説』は、温(熱)・光・越素(電気)の三者は名が異なるだけでその極限は同一であると論じた。これは後年狩野亨吉(かのうこうきち)によって紹介され有名となった。1870年(明治3)上京し集議院に太陽暦の採用を建白。のちに塾を開き教育にあたった。晩年は不遇であった。[菊池俊彦]
『井上慶隆著『広川晴軒伝』(1981・恒文社) ▽日本科学史学会編『日本科学技術史大系 通史』(1964・第一法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の広川晴軒の言及

【越後国】より

… 豪農豪商の成長にささえられて,地方の文化が発達した。鈴木牧之は塩沢の縮商で家業のかたわら文雅を好み,江戸の山東京伝らと交わり,雪国の風土を《北越雪譜》にまとめ,小千谷の商人広川晴軒は自然科学を学んで《三元素略説》(1865)を著し,新津の大庄屋桂誉重(かつらたかしげ)は国学に親しみ鈴木重胤の門人となり《済生要略》を著した。私塾,寺子屋が発達し,百姓の子弟で学ぶ者も多くなった。…

※「広川晴軒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

広川晴軒の関連キーワード越後縮小千谷縮越後帷子越後上布小千谷明石次郎佐藤解記西脇国三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone