コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野亨吉

7件 の用語解説(狩野亨吉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

狩野亨吉

思想家・教育者。良知の次男。東大哲学科・数学科卒。秋田県生。四高・五高教授を経て一高校長となる。昭和39年京大文科大学長として幸田露伴内藤湖南を招き独特の学風を作るが二年で辞職。以後民間で書画の鑑定売買を業とする。日本の自然科学思想史の最初の開拓者の役割を果たし、安藤昌益を紹介したことは有名。また夏目漱石と交流があった。昭和17年(1942)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かのう‐こうきち〔‐カウキチ〕【狩野亨吉】

[1865~1942]哲学者・思想家。秋田の生まれ。一高校長。京都大学初代文科大学長。日本の自然科学思想史の開拓者で、安藤昌益らを発掘。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野亨吉 かのう-こうきち

1865-1942 明治-昭和時代前期の思想家,教育家。
慶応元年7月28日生まれ。狩野良知の次男。明治31年一高校長,39年(1906)京都帝大文科大学初代学長に就任。41年辞職後,書画の鑑定・売買を業とした。自然主義,無神論の立場から独自の倫理学をとなえ,また安藤昌益,志筑(しづき)忠雄らの思想家を紹介した。「狩野亨吉遺文集」がある。昭和17年12月22日死去。78歳。出羽(でわ)大館(秋田県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かのうこうきち【狩野亨吉】

1865‐1942(慶応1‐昭和17)
哲学・思想家。出羽国秋田藩出身。東京帝大理科大学(数学),同文科大学(哲学)卒業後,四高,五高の教授を経て,1898年33歳で一高校長となり,田辺元,小宮豊隆などに影響をあたえた。1906年京都帝大文科大学学長となった。1冊の著書すら残さないが,独創的な合理主義思想家であり,志筑忠雄を評価し,埋もれていた安藤昌益を発見・紹介した(1899)。幅広い古書収集家としても知られ,狩野文庫(東北大学蔵)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かのうこうきち【狩野亨吉】

1865~1942) 哲学者・思想家。秋田県生まれ。京大初代文科大学長。独自の唯物論・合理主義を貫いた百科全書的思想家。安藤昌益・本多利明・志筑忠雄など江戸期の忘れられた思想家を発掘。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩野亨吉
かのうこうきち

[生]慶応1(1865).7.28. 出羽,大館
[没]1942.12.22. 東京
明治,大正期の思想家。啓蒙的合理主義者。帝国大学数学科,哲学科を卒業,1898年第一高等学校校長。夏目漱石の終生の友人である。 1906~07年京都帝国大学文科大学初代学長。退官後日本の自然科学思想史の最初の開拓者として,安藤昌益,本多利明,志筑忠雄らを発掘。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩野亨吉
かのうこうきち
(1865―1942)

哲学者。出羽(でわ)国大館(おおだて)(秋田県)の生まれ。1888年(明治21)帝国大学理科大学数学科、ついで1891年同大学文科大学哲学科を卒業。1898年から1906年(明治39)まで第一高等学校校長としてその校風を築いた。その後、京都帝国大学教授、同大学文科大学学長となった。生涯独身で過ごし、脱俗的奇行の持ち主として知られたが、博学多識で、自然主義者、無神論者の立場から倫理学を研究した。また日本の自然科学思想史の先駆的研究者であり、安藤昌益(あんどうしょうえき)を世に紹介し、また1895年には志筑忠雄(しづきただお)の『暦象新書』中の「混沌(こんとん)分判図説」を紹介し、「カント‐ラプラスの星雲説」に勝る評価を与えるなどした。1908年、京都帝大退職後、後輩の事業に出資して財を失い、長年にわたって収集した貴重本を含む膨大な蔵書も売却し貧窮のうちに没した。彼の蔵書は「狩野文庫」として東北大学に所蔵されている。[菊池俊彦]
『安倍能成編『狩野亨吉遺文集』(1958・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の狩野亨吉の言及

【安藤昌益】より

…二井田での門人は,村内でも殿方とよばれる上層の農民で,彼らは伝統的な宗教的行事を廃止し,また昌益を〈守農大神〉としてまつる石碑を立てたりしたため,寺僧や修験と対立し,石碑は破却されるに至ったという事件が,昌益の没後2年目に起こっている。このように各地に門人がおり,また著書の一部は出版されたにもかかわらず,昌益の思想が世に知られた形跡はなく,1899年ごろに哲学者狩野亨吉が稿本《自然真営道》を入手し,その特異な思想に注目するまでは,全くうずもれた存在であった。やがて第2次世界大戦後に至り,E.H.ノーマンの著書(邦訳名《忘れられた思想家》)の影響などもあって,封建的な身分制度を根本から批判した日本で唯一の思想家として広く知られるようになった。…

【京都大学】より

…同年経済学部,23年農学部を新設し,化学研究所,人文科学研究所,工学研究所などを付置して研究教育体制を整備していった。東京帝大が官僚養成機関の性格を強くもったのに対して,京都帝大は,狩野亨吉が初代学長となった文科大学(文学部)が哲学,史学,文学の3学科制をとり,いわゆる支那学を重視したり,史学地理学講座を設けるなど学科・講座組織に特色をもち,自由闊達で創造的な〈京都学風〉を形成したこと,沢柳事件(1913)で教官任免に関する学部教授会の慣行的自治権や実質的な総長互選制を実現したこと,さらに滝川事件(1933)でもファシズムと戦争勢力に対して全学的な抵抗運動を展開するなど,近代日本の学問形成と大学自治の歴史に特筆すべき位置を占めている。49年に新制大学に改編され,旧制第三高等学校と付属医学専門部を併合し,また教育学部を新設した。…

【自然真営道】より

…同じ題名で稿本と刊本との2種類がある。稿本は本文100巻92冊と大序巻1冊とから成る大部の書で,1899年ころ狩野亨吉によって発見されたが,関東大震災(1923)で大半を焼失し,現存するのは原本12巻12冊(東京大学総合図書館蔵)と,人相巻の写本3巻3冊(慶応義塾図書館蔵)である。原本12巻のうち,大序巻と巻二十五の良演哲論の巻とは昌益の思想を最も体系的に集約したものとして,また巻二十四の法世物語の巻は,鳥,獣,虫,魚それぞれの対話の形式で人間社会を批判した文学的叙述として注目される。…

※「狩野亨吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

狩野亨吉の関連キーワード三上参次県忍安保庸三北村美那佐伯悟竜沢村真那須弓雄長谷川良雄峯尾文太郎山田賀一

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狩野亨吉の関連情報