コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄野 しょうの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庄野
しょうの

三重県北部,鈴鹿市中部の地区。旧村名。鈴鹿川西岸の段丘上に位置し,近世まで東海道宿場町として栄えた。現在も本陣跡や旧街道,古い家並みが残る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

庄野
しょうの

三重県北東部、鈴鹿(すずか)市の一地区。旧庄野村。室町期までは神宮の御厨(みくりや)。江戸期に東海道五十三次の宿駅として整備された。1746年(延享3)の記録では、本陣、脇(わき)本陣のほか旅籠(はたご)24軒などとなっている。いまも古い家並みが当時のおもかげを残している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

庄野の関連キーワードはだかの王様~シブトクつよく~長崎県松浦市志佐町庄野免三重県鈴鹿市庄野町アルファベット群島がんばりましょうロッテルダムの灯プールサイド小景三重県鈴鹿市庄野 金十郎びわの実学校アレンスキー雲の中のにじ鈴鹿(市)明夫と良二吉行淳之介第三の新人鈴鹿[市]林富士馬モミイチ筒美京平

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庄野の関連情報