庄野(読み)しょうの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

庄野
しょうの

三重県北東部、鈴鹿(すずか)市の一地区。旧庄野村。室町期までは神宮の御厨(みくりや)。江戸期に東海道五十三次の宿駅として整備された。1746年(延享3)の記録では、本陣、脇(わき)本陣のほか旅籠(はたご)24軒などとなっている。いまも古い家並みが当時のおもかげを残している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庄野の関連情報