コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄野英二 しょうの えいじ

美術人名辞典の解説

庄野英二

児童文学者。山口県生。帝塚山学院創立者庄野貞一の次男、小説家庄野潤三は弟。関西学院大卒。坪田讓治に師事。帝塚山学院で教鞭をとり、同学院大学長となる。代表作に『こどものデッキ』『星の牧場』等。平成5年(1993)歿、78才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庄野英二 しょうの-えいじ

1915-1993 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正4年11月20日生まれ。庄野潤三の兄。9年間兵役につき,戦後帝塚山学院で教員をつとめる。昭和36年「ロッテルダムの灯」で日本エッセイスト・クラブ賞。ついで「星の牧場」で復員した青年と愛馬の交流を詩情ゆたかにえがき,39年野間児童文芸賞などをうける。50年帝塚山学院大学長。平成5年11月26日死去。78歳。山口県出身。関西学院大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

庄野英二
しょうのえいじ
(1915―1993)

児童文学作家。山口県生まれ。関西(かんせい)学院大学文学部卒業。坪田譲治に師事して、1955年(昭和30)第一童話集『デッキ』を刊行する。63年長編童話『星の牧場(まきば)』を発表、戦場で記憶を失った主人公と愛馬とのかかわりをファンタスティックに描き、情感豊かな人間愛の童話として注目され、野間児童文芸賞などを受賞した。また『ロッテルダムの灯(ひ)』(1961)によって日本エッセイストクラブ賞を受賞。おもな童話集に『雲の中のにじ』(1965。NHK児童文学賞)、『うみがめ丸漂流記』(1968)、『アルファベット群島』(1977。赤い鳥文学賞)、『いななく高原』上下(1979)、『孫太郎南海漂流記』(1980)、『アルピエロ群島』(1981)、『海のシルクロード』(1985)など、詩画集に『王の悲しみ』(1984)、『たきまくら』(1985)、『胡蝶蘭(こちょうらん)』(1986)などがある。晩年になって、自伝的エッセイ『新しい靴』(1987)、文学的自叙伝『鶏冠詩人伝』(1990)を発表した。1990年(平成2)、これまでの業績によって巌谷小波(いわやさざなみ)賞を受賞。1975年より帝塚山(てづかやま)学院大学学長(~1989)を務めた。作家庄野潤三(じゅんぞう)は弟。[西本鶏介]
『『ロッテルダムの灯』(1965・理論社) ▽『海のメルヘン』(1965・理論社) ▽『うみがめ丸漂流記』(1968・ポプラ社) ▽『ぶたと真珠』(1970・実業之日本社) ▽『木曜島』(1972・理論社) ▽『バタン島漂流記』(1976・偕成社) ▽『アルファベット群島』(1977・偕成社) ▽『いななく高原』上下(1979・偕成社) ▽『庄野英二全集』全11巻(1979~80・偕成社) ▽『孫太郎南海漂流記』(1980・偕成社) ▽『シューベルト 歌曲王』(1980・音楽之友社) ▽『アルピエロ群島』(1981・偕成社) ▽『詩画集 王の悲しみ』(1984・人文書院) ▽『海のシルクロード』(1985・理論社) ▽『詩画集 たきまくら』(1985・編集工房ノア) ▽『詩画集 胡蝶蘭』(1986・編集工房ノア) ▽『庄野英二自選短篇童話集』(1986・編集工房ノア) ▽『ピンチヒッター』(1987・小峰書店) ▽『新しい靴』(1987・編集工房ノア) ▽『ナイアガラよりも大きい滝』(1989・小峰書店) ▽『鶏冠詩人伝』(1990・創元社) ▽『佐久の佐藤春夫』(1990・編集工房ノア) ▽『星の牧場』『雲の中のにじ』『メルヘン諸島』(角川文庫) ▽河合隼雄著『河合隼雄対談集 あなたが子どもだったころ』(1988・光村図書) ▽相原法則著『作家のうしろ姿――児童文学の21人』(1994・文渓堂) ▽庄野潤三著『文学交遊録』(1995・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

庄野英二の関連キーワードロッテルダムびわの実学校庄野 英二モミイチ

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庄野英二の関連情報