コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

床飾り とこかざり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

床飾り
とこかざり

室町時代からみられた書院造における客室装飾の一つ。すなわち床の間の装飾のことで,正面に三幅対掛軸を掛け,その前に卓を置き,その上に中央に香炉香合,向って右に燭台,左に花瓶の「三具足 (みつぐそく) 」を配するのが,正式の飾り方であったといわれる。時代が下るとともに床の間は庶民住宅に普及したが,その装飾の作法は逆に忘れられてきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とこ‐かざり【床飾り】

床の間の飾り。掛け軸・置物生け花など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とこかざり【床飾り】

掛物をかけたり、花・置物などを置いて、床の間を飾ること。また、その掛物など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

床飾りの関連キーワード一幅掛け・一幅掛君台観左右帳記菊花石加工品室町時代万年茸いけ花席飾り砂の物諸飾り鶺鴒台飾り炭茶室掛物盆石生花簾台立花霊芝

床飾りの関連情報