コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底倉温泉 そこくらおんせん

3件 の用語解説(底倉温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

底倉温泉
そこくらおんせん

神奈川県南西部,箱根町にある温泉。箱根山の新期外輪山である浅間 (せんげん) 山の北西麓,早川の支流蛇骨川の渓谷にある。泉質は単純泉,食塩泉。泉温 30~90℃。湯量は豊富。神経痛,リウマチに効能がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そこくら‐おんせん〔‐ヲンセン〕【底倉温泉】

神奈川県南西部、箱根町の温泉。蛇骨川(じゃこつがわ)と早川の合流点にあり、箱根七湯の一。泉質は塩化物泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

底倉温泉
そこくらおんせん

神奈川県足柄下(あしがらしも)郡箱根町にある温泉。箱根七湯の一つ。宮ノ下の西に続き、早川の支流蛇骨(じゃこつ)川に臨む。明神ヶ岳、明星ヶ岳の展望がよい。泉質は塩化物泉。古来、宮ノ下、木賀(きが)両温泉とともに痔(じ)病に特効があることで知られる。太閤(たいこう)の石風呂(いしぶろ)は、戦国末の小田原攻めのおりに豊臣(とよとみ)秀吉が従軍将兵の傷を治したところと伝える。箱根登山鉄道宮ノ下駅下車500メートル。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

底倉温泉の関連キーワード箱根箱根湯本元箱根神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯神奈川県足柄下郡箱根町強羅神奈川県足柄下郡箱根町仙石原神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平神奈川県足柄下郡箱根町箱根神奈川県足柄下郡箱根町畑宿神奈川県足柄下郡箱根町元箱根

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

底倉温泉の関連情報