コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底倉温泉 そこくらおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

底倉温泉
そこくらおんせん

神奈川県南西部,箱根町にある温泉。箱根山の新期外輪山である浅間 (せんげん) 山の北西麓,早川の支流蛇骨川渓谷にある。泉質単純泉食塩泉泉温 30~90℃。湯量は豊富。神経痛リウマチ効能がある。閑静で保養に適する。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そこくら‐おんせん〔‐ヲンセン〕【底倉温泉】

神奈川県南西部、箱根町の温泉。蛇骨川(じゃこつがわ)と早川の合流点にあり、箱根七湯の一。泉質は塩化物泉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

底倉温泉
そこくらおんせん

神奈川県足柄下(あしがらしも)郡箱根町にある温泉。箱根七湯の一つ。宮ノ下の西に続き、早川の支流蛇骨(じゃこつ)川に臨む。明神ヶ岳、明星ヶ岳の展望がよい。泉質は塩化物泉。古来、宮ノ下、木賀(きが)両温泉とともに痔(じ)病に特効があることで知られる。太閤(たいこう)の石風呂(いしぶろ)は、戦国末の小田原攻めのおりに豊臣(とよとみ)秀吉が従軍将兵の傷を治したところと伝える。箱根登山鉄道宮ノ下駅下車500メートル。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

底倉温泉の関連キーワード底倉之記箱根

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android