コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座卓/坐卓 ザタク

デジタル大辞泉の解説

ざ‐たく【座卓/×坐卓】

畳・にすわって使う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ざたく【座卓】

椅子(いす)ではなく、や床に座って使用する机。角形と丸形があり、脚が折りたためるものもある。卓袱台(ちゃぶだい)もこの一種。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

座卓
ざたく

和風住宅の客間や居間で使う座形式の子で、四角な甲板(こういた)に4本の脚のついたものが一般的である。丸形のものもあり、茶の間で使う簡単な形式のちゃぶ台も、座卓のなかに含まれる。王朝時代の殿上(てんじょう)の間で使われた台盤などがこれに相当する役目をもっていた。鎌倉時代になって今日みるような形に落ち着いたといわれている。現在では和家具のなかの代表的なものである。材料としてシタン、コクタン、カリンなどの唐木(からき)が使われるので、唐机の別名もある。またケヤキ、スギなどの木目(もくめ)を生かした装飾風のものもある。甲板および脚の形によって称呼がつけられている。産地としては高松、金沢、津軽地方が代表的で、ちゃぶ台は静岡、高松でつくられる。[小原二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

座卓/坐卓の関連キーワード家庭でおこる中毒奥出雲銘木製品南濃天然木工芸石州川本木工品けやき木工品江戸唐木細工電気こたつ井上 猪治汐見 直行御座敷列車ちゃぶ台木曽漆器テーブル松本家具井上猪治和家具津軽塗輪島塗存星麻雀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android