コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御庭番 オニワバン

6件 の用語解説(御庭番の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おにわ‐ばん〔おには‐〕【御庭番】

江戸幕府の職名。8代将軍徳川吉宗が設置した、将軍直属の隠密(おんみつ)。表向きは御庭御番所に勤めたが、内密の御用は御側御用取次の指図を受け、諸大名の領地に潜入して、その動静や政治・軍事などの機密を探り、報告した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

御庭番【おにわばん】

江戸幕府の職名。八代将軍徳川吉宗の時に置かれた。若年寄(わかどしより)支配下。普段は大奥御広敷(おおおくおひろしき)に詰めて文字通り庭番などに服した。しかし,ときに将軍などの命を受けて諸国大名の動静,老中以下諸役人の風聞,世間の雑説などの情報収集を行い,いわゆる隠密御用を勤めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

御庭番

吉宗が創設した隠密職。江戸城奥庭の警護というのが表向きの任務であるが、将軍の直接の命を受けて、諸藩の動静・実情調査や情報収集などを内密裡に行った。隠密(おんみつ)とは、南北朝から戦国を経て江戸にかけ、密偵、間者として暗躍した下級武士。忍びの者ともいう。甲賀者、伊賀者など。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おにわばん【御庭番】

江戸幕府の職名。1716年(享保1)徳川吉宗の8代将軍襲職のとき,紀州家から薬込役16人と馬口之者1人を幕府にともない,彼らを〈御庭番家筋〉と定めて隠密御用に用いたのがはじまりである。のち分家が生じて26家となり,その後22家となって幕末にいたった。御目見(おめみえ)以上に両番格御庭番(役高200俵)・小十人格御庭番(役高100俵持扶持),御目見以下に添番御庭番(役高100俵)・添番並御庭番(役高50俵持扶持)・休息御庭締戸番(役高50俵)・伊賀御庭番(役高不明)があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おにわばん【御庭番】

江戸幕府の職名。八代将軍徳川吉宗の創設。正式名称は、御休息御庭之者。通常は大奥の雑役や警固にあたり、ときには将軍直属の密偵として、市中の風聞や諸大名の動静を探った。命令・報告は直接将軍との間で行われた。村垣家など数家の者があたり、他との交際は禁じられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御庭番
おにわばん

江戸幕府の役職の一つ。8代将軍徳川吉宗(よしむね)の創設。若年寄支配。1716年(享保1)吉宗が紀州から連れてきた家臣のうち、村垣左太夫ら17人を御広敷伊賀者(おひろしきいがもの)に任命して、大奥の動向を探らせたのに始まる。19年これを改編して御庭番とし、番所を本丸天守台下に設け、また二の丸御休息(ごきゅうそく)、西の丸山里門に詰所を分置し、毎夕交替で宿直して各御殿の門庭の警備にあたることを日常の任務とし、また将軍直属の諜報(ちょうほう)機関として、ときに将軍の御直御用(おんじきごよう)、または御用取次、老中の内命を受けて、大名の動静や民政の実情などの探索にあたった。職掌上、17家の世襲とされたが、なかには絶家したもの、二男、三男で分家に取り立てられたものなどがあり、年代により家数、人員に増減がみられる。また御目見(おめみえ)以上の両番格(200俵高)、同以下の小十人(こじゅうにん)格(100俵高、持扶持(もちぶち))、添番並(そえばんなみ)(50俵高、持扶持)、御庭之者支配(役扶持七人扶持)などの階層があり、なかには梶野土佐守(かじのとさのかみ)、明楽飛騨守(ひだのかみ)、村垣淡路守(むらがきあわじのかみ)(定行)のように勘定奉行に昇進した者もある。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御庭番の言及

【隠密】より

…江戸時代に入ると,幕府,諸藩は隠密を用いて諸方面にわたる情報収集につとめたが,彼らはいずれも軽い身分の者であった。幕府には目付の指揮下に徒(かち)目付,小人(こびと)目付があって表裏の活動をし,また将軍以下老中,若年寄,側衆,大目付,目付などの命をうけて探索に従事した者に御庭番があった。このほかにも,江戸の町奉行配下には隠密廻りと称する同心があって,市中の動静を探索した。…

【庭】より

…それは一種の直訴(じきそ)制度で,奉行人,代官などを経ずに,直接,裁判権者(将軍,大名など)に訴える点に特徴があり,1458年(長禄2),〈無縁の仁に於ては庭中すべきの由〉ともいわれている。室町時代,天皇家,将軍家に直属して作庭,造園に携わり〈禁裏御庭者(庭者)〉〈仙洞御庭者〉〈公方御庭者〉といわれた河原者,江戸時代,将軍直属の密偵,隠密で,幕府の諸機関を通さず,後庭から出入りして直接将軍の命をうけた御庭番(おにわばん)のあり方も,こうした庭の特質と関係がある。 現在でも農作業を行う平らな場としての〈庭〉は,広く民俗語彙の中に残っており,脱穀,調整をする家の外の仕事場,家の中の土間を庭というが,なかには共同作業を行う組織そのものを意味している場合もある。…

【庭者】より

…室町時代に活躍した河原者(かわらもの)の別称の一つ。また,江戸時代には徳川将軍家に仕え,白衣で江戸城の奥庭の清掃や将軍の身の警備に従事するとともに,秘密情報の収集・提供を行った〈御休息御庭之者(ごきゆうそくおにわのもの)〉(ふつうには庭番(にわばん),御庭番(おにわばん)といった)のことをさし,さらには〈猿楽師(能役者)〉に対する軽侮の念のこもった言葉として使われた語。別にまた,江戸時代に各地の農家に代々隷従奉仕した貧農をさす〈庭子(にわこ)〉の語とも同義に用いられた場合がある。…

※「御庭番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御庭番の関連キーワード飛騨郡代表右筆下男御殿番鉄砲改旗奉行武具奉行賄い方徒頭天守番

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御庭番の関連情報