コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条長時 ほうじょうながとき

3件 の用語解説(北条長時の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北条長時
ほうじょうながとき

[生]寛喜2(1230)
[没]文永1(1264).8.21. 鎌倉
鎌倉幕府の6代執権 (在職 1256~64) 。重時の子。寛元3 (45) 年 12月左近将監,宝治1 (47) 年7月六波羅探題宗尊親王の将軍就任にも活躍し,建長8 (56) 年6月幕府評定衆,7月武蔵守。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条長時 ほうじょう-ながとき

1230-1264 鎌倉時代の武将。
寛喜(かんぎ)2年2月27日生まれ。北条重時の子。六波羅(ろくはら)探題北方や評定衆をつとめる。康元元年執権北条時頼が出家,あとをつぐ時宗が幼少だったため6代執権となる。極楽寺の忍性(にんしょう)に帰依(きえ)した。文永元年8月21日死去。35歳。通称は陸奥四郎。姓は赤橋とも。法名は専阿,観恵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北条長時

没年:文永1.8.21(1264.9.12)
生年:寛喜2.2.27(1230.4.11)
鎌倉中・後期の武将。父は重時,母は平時親の娘,妻は北条時盛の娘。四郎と称す。左近将監,武蔵守,法名は専阿(観恵)。宝治1(1247)年父重時のあと六波羅探題となる。康元1(1256)年に執権時頼,連署重時があいついで出家したため,鎌倉に呼び戻され長時が幼い時宗の「代官」として6代執権となった。文永1(1264)年に出家し,鎌倉浄光明寺で死んだ。歌人でもあった。父重時が長時に与えた家訓『六波羅殿御家訓』『極楽寺殿御消息』は著名。奈良西大寺の叡尊が鎌倉下向のとき,母・妻と受戒。のち極楽寺に忍性が入り,菩提所浄光明寺とともに律宗寺院に改宗している。

(湯山学)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条長時の関連キーワード北条重時金沢貞冬平時継武田信時北条実泰北条業時北条宗政武藤景泰結城朝村六角泰綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone