コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康済 こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康済 こうさい

828-899 平安時代前期の僧。
天長5年生まれ。天台宗。比叡(ひえい)山で光定(こうじょう)にまなび,円珍灌頂(かんじょう)をうける。寛平(かんぴょう)6年天台座主(ざす)と園城寺(おんじょうじ)長吏をかねる。内供奉(ないぐぶ)十禅師,維摩会(ゆいまえ)講師をつとめた。権(ごんの)律師。昌泰(しょうたい)2年2月8日死去。72歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。俗姓は紀。号は蓮華房。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

康済の関連キーワード松平康英(2)鉄道弘済会山村秀夫牧野康民明達

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android