コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侍中 じちゅうshi-zhong; shih-chung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

侍中
じちゅう
shi-zhong; shih-chung

中国の官名。漢代から始った本官の上に加えられた加官。宮中天子側近にあり,身辺雑用に奉仕した。魏,晋以後,政務枢機参与する重要な地位となり,唐代では宰相の任となったが,元代以降廃止。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じちゅう【侍中】

中国の官名。秦代に始まり、丞相じようしようの属官で殿中の奏事をつかさどる。漢代には加官として天子の乗輿じようよ・服飾をつかさどり、魏・晋以後は枢機に参与、唐以後は門下省の長官となった。
蔵人くろうどの唐名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の侍中の言及

【宰相】より

… 魏・晋時代から丞相の名が復活し宰相として機能したが,後漢以来の,皇帝直属の秘書官室である尚書が政務遂行の中心になる傾向が推し進められ,それまでの三公が権力を失っていき,尚書の最高官の録尚書事が宰相の権力を掌握した。しかし録尚書事が強大な権力をもってくると,皇帝は尚書の先任官である尚書令,皇帝の側近に侍る官の門下侍中,皇帝の秘書官長である中書令らを重視するようになり,政治の実権はこれらの官に移った。これらの3官は秦・漢以来発展してきた尚書省,門下省,中書省に属するものであったから,唐代になると,尚書・門下・中書の3省の長官(尚書令・侍中・中書令)が宰相の職務を遂行した。…

※「侍中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

侍中の関連キーワード同中書門下平章事鍾【よう】尊経閣文庫補す・輔す双鉤填墨完顔希尹侍中群要麻田剛立殿上日記御史大夫源頼実霍去病金憲章桑弘羊李子淵十七帖李斉賢金憲昌朱買臣李仁任

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

侍中の関連情報