弁天小僧(読み)ベンテンコゾウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弁天小僧 べんてんこぞう

歌舞伎「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」(「白浪(しらなみ)五人男」)の登場人物。
河竹黙阿弥(もくあみ)の作。名は菊之助。女装して浜松屋にあらわれゆすりをかけるが,一味の日本駄右衛門にわざと正体をみやぶられていなおる。娘姿から片肌をぬぎ大あぐらをかいて「知らざあ言って聞かせやしょう」ときる啖呵(たんか)が有名。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

弁天小僧
(通称)
べんてんこぞう

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
青砥稿花紅彩画 など
初演
文久2.3(江戸・市村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報