弁天小僧(読み)べんてんこぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弁天小僧 べんてんこぞう

歌舞伎「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」(「白浪(しらなみ)五人男」)の登場人物。
河竹黙阿弥(もくあみ)の作。名は菊之助。女装して浜松屋にあらわれゆすりをかけるが,一味の日本駄右衛門にわざと正体をみやぶられていなおる。娘姿から片肌をぬぎ大あぐらをかいて「知らざあ言って聞かせやしょう」ときる啖呵(たんか)が有名。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べんてんこぞう【弁天小僧】

河竹黙阿弥作の歌舞伎「青砥稿花紅彩画あおとぞうしはなのにしきえ」中の人物。名は菊之助。白浪五人男の一人。浜松屋での女装でのゆすり、極楽寺山門での立ち腹が見せ場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弁天小僧の関連情報