市川雷蔵(読み)いちかわらいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市川雷蔵
いちかわらいぞう

[生]1931.8.29. 京都
[没]1969.7.17. 東京
映画俳優。本名太田吉哉。歌舞伎の名優市川寿海の養子。 1954年大映に入社,『花の白虎隊』でデビュー。気品ある容貌と舞台で鍛えた演技力で人気があった。『新平家物語』 (1955) ,『炎上』 (58) ,『ぼんち』 (60) ,『破戒』 (62) ほか『眠狂四郎』『忍びの者』『若親分』『陸軍中野学校』などのヒット・シリーズに出演。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いちかわ‐らいぞう〔いちかはライザウ〕【市川雷蔵】

[1931~1969]俳優。8世。京都の生まれ。本名、亀崎章雄(かめざきあきお)。のちに竹内嘉男(よしお)、太田吉哉と改名。歌舞伎界から映画界へ転身。「新・平家物語」に主演して注目を集めると、「炎上」で多くの映画賞を受賞し地位を確立。その後も「眠狂四郎(ねむりきょうしろう)」シリーズなどで人気を博した。他の出演作に「ぼんち」「陸軍中野学校」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

市川雷蔵【いちかわらいぞう】

俳優。本名太田吉哉。京都生れ。誕生の翌年に歌舞伎俳優市川九団次の養子となる。1951年関西歌舞伎の名優市川寿海の養子となる。歌舞伎俳優をへて1954年大映に入社し,同年《花の白虎隊》で映画デビュー。気品のある美貌とクールな演技が特徴で,《忍びの者》(1962年)に始まる〈忍びシリーズ〉,柴田錬三郎原作の《眠狂四郎殺法帖》(1959年)に始まる〈眠狂四郎シリーズ〉などにより人気を博した。時代劇を中心に活躍したが,市川崑監督の《炎上》(1958年)や《破戒》(1962年)のような現代劇もある。1969年癌のため早逝。
→関連項目増村保造三隅研次

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわらいぞう【市川雷蔵】

1931‐69(昭和6‐44)
映画俳優。1950年代後半から60年代にかけて,おもに時代劇で活躍し,37歳で病没した夭逝(ようせい)の美男スター。その活躍期間は日本の映画産業の隆盛期から衰退期に当たる。俳優として大成したのちのではあったが,気品と悲劇性に満ちた美男ぶりは愛惜され続けた。いわば映画そのものが早すぎる死を予感していたかのように,中期以降の作品にはつねに死のが漂っていた。とくに《眠狂四郎》シリーズ(1963‐69)では,端正な容姿が主人公の出生の秘密による虚無感と孤独感で影を帯び,あやしい美しさの魅惑を放ったが,そこには市川雷蔵自身の出生の複雑さと生い立ちの転変が影を落としているのかもしれない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の市川雷蔵の言及

【忍びの者】より

…日本映画。最後の時代劇スターといわれる市川雷蔵の最初のシリーズで,1962年の《忍びの者》から66年の《新書・忍びの者》まで,計8本がつくられ,勝新太郎の《座頭市》シリーズとともに大映の屋台骨になった。いずれも戦国時代が舞台で,史実に取材し,歴史の裏面で暗躍した忍者たちの姿を実録ふうに描く。…

【大菩薩峠】より

…第3回は同じく東映の《大菩薩峠》三部作(1957‐59)で,監督は内田吐夢(とむ),机竜之助を前作と同じ片岡千恵蔵,お浜・お豊の二役を長谷川裕見子が演じた。第4回は大映の《大菩薩峠》三部作(1960‐61)で,監督は第1部・第2部が三隅研次,第3部が森一生,机竜之助には市川雷蔵,お浜・お豊には中村玉緒が扮した。第5回は東宝の《大菩薩峠》(1966)で,監督は岡本喜八,机竜之助を仲代達矢,お浜を新珠三千代が演じた。…

※「市川雷蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市川雷蔵の関連情報