弁膜疾患(読み)べんまくしっかん(英語表記)Valvular diseases

六訂版 家庭医学大全科の解説

弁膜疾患
べんまくしっかん
Valvular diseases
(お年寄りの病気)

高齢者の心臓弁膜症

 心臓には、4つの弁があります。右心系では右心房と右心室の間の三尖弁(さんせんべん)、右心室と肺動脈の間の肺動脈弁、左心系では左心房と左心室の間の僧帽弁(そうぼうべん)、左心室と大動脈の間の大動脈弁で、それぞれの部位で血液の逆流を防いでいます。これらの弁に何らかの異常が起こった状態を総称して、心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)といいます。

 従来、成人の心臓弁膜症の原因としては、学童前期にかかったリウマチ熱により、のちに弁の変形を起こすリウマチ性弁膜症が一般的で、時に先天性の奇形のものがありました。

 しかし近年では、栄養状態や衛生環境の改善、診断法や抗生物質を中心とした治療法の普及により、リウマチ熱や先天性奇形によるものは減少し、加齢による心臓の弁や血管内膜の動脈硬化がもたらす弁の肥厚(厚くなること)、変性、カルシウム沈着による石灰化(硬くなる)が、日本をはじめとする先進諸国の高齢者弁膜症の重要な問題となってきています。

心臓弁膜症の特徴

 病気の原因によって、悪くなる弁や病態(弁の閉まりが悪く血液が逆流する閉鎖不全症(へいさふぜんしょう)、弁の部分が狭くなることを主体とする狭窄症(きょうさくしょう)、それらが合併する狭窄兼閉鎖不全症(きょうさくけんへいさふぜんしょう))に特徴があります。

 成人の先天性奇形では、大動脈弁二尖弁(にせんべん)(通常は大動脈弁は3枚の弁からなるが、この形成不全では2枚のまま)、リウマチ熱では僧帽弁あるいは大動脈弁(ときに両方)の閉鎖不全症、狭窄症が高頻度にみられます。とくに僧帽弁の狭窄症のほとんどは、現在でもリウマチ熱によるものといってよいでしょう。

 一方、加齢による弁や血管内膜の動脈硬化は、おもに左心系の僧帽弁の閉鎖不全症、大動脈弁の閉鎖不全症あるいは狭窄症を起こします。加齢に伴って、僧帽弁の付着部(弁輪)の石灰化もしばしばみられ、逆流や、まれに狭窄の原因になることがあります。

 高齢者では、心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性(きょけつせい)心疾患による弁下部組織(弁を引っぱることで弁の反転を防いでいる腱索(けんさく)乳頭筋(にゅうとうきん)などの総称)の乳頭筋機能不全、乳頭筋・腱索の断裂による僧帽弁や三尖弁の閉鎖不全症、さまざまな原因による心不全に伴って右心室や左心室が拡大して三尖弁輪や僧帽弁輪が広がって起こる閉鎖不全症などの二次的なものがあります。

 このほかに、弁や弁下部組織が先天的にぜい弱で起こる弁逸脱症、腱索断裂による閉鎖不全症があります。

谷 正人

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報