コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)上げ/引(き)揚げ ヒキアゲ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐あげ【引(き)上げ/引(き)揚げ】

引き上げること。「沈没船の引き上げ」「税率の引き上げ
(引き揚げ)外国から本国に帰ること。特に、第二次大戦後、外地で生活していた人が内地に帰ったことを指す。博多浦賀舞鶴などが引き揚げ港として指定され、昭和21年(1946)末までに500万人以上の人々が引き揚げた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

引(き)上げ/引(き)揚げの関連キーワード自動触発海底水雷の敷設に関する条約全国酪農協同組合連合会成長接合型トランジスタウィルヘルム[2世]賃金インフレーションスムート・ホーレー法高年齢者雇用安定法同調的価格引上げエスカレータ条項60歳定年制法東ベルリン暴動ガイド・ラインスチームハンマ植崎九八郎上書キリストの卑賤近隣窮乏化政策オイル・ダラー王子製紙争議セーフガード60歳定年法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android