コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾劾主義 だんがいしゅぎ

3件 の用語解説(弾劾主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弾劾主義
だんがいしゅぎ

刑事訴訟について,訴追機関の訴追をまって訴訟手続が開始される制度。訴追主義とも呼ばれ,裁判機関がみずから手続を開始する糾問主義と対比される。両者の対比は,概念上は手続開始方法の差異を意味するにすぎないが,ヨーロッパ中世から近世初期にかけての拷問や秘密主義的な審判を特徴とした手続が,特に「糾問手続」と呼ばれ,近代的な刑事訴訟の観点から強い批判の対象とされてきたことから,両者はより実質的に刑事訴訟の基本理念の相違を示すものとして用いられることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だんがい‐しゅぎ【弾劾主義】

犯罪がある場合、国家が進んで訴訟手続きをせず、原告の訴えをまって裁判所がこれを審判する方式。→糾問主義

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だんがいしゅぎ【弾劾主義】

刑事訴訟手続き上の方式の一。裁判所以外の者(検察官等)の訴えをまって訴訟を開始する主義。 ↔ 糾問主義

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の弾劾主義の言及

【刑事訴訟】より

…日本も,19世紀後半にその列に加わったのである。
[基本原理]
 近代的な刑事訴訟の基本原理として,弾劾主義の確立(訴追者と審判者の分離),司法制度の整備(裁判機構の体系化および法曹の養成),被疑者・被告人の地位の改善(人権保障の強化)の三つを挙げることができる。 第1の弾劾主義とは,原告と被告とが対立し,裁判所が両者の主張・立証を聞いて公平な立場から判断を下すという訴訟構造を意味する。…

※「弾劾主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弾劾主義の関連キーワード公訴裁判官訴追委員会訴訟告知免責特権国家訴追主義私訴情状訴追二重訴訟告訴と告発

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone