待てば海路の日和あり(読み)まてばかいろのひよりあり

ことわざを知る辞典「待てば海路の日和あり」の解説

待てば海路の日和あり

たとえが続いても、待っていればそのうちにかならず航海に適した穏やかな天気になる。じっくりと好機を待てというたとえ。

[使用例] そのころから父親の病気の問題が起こり、遠からず神保町通いも不可能になるとわかっていましたので、正直いって焦りましたが、待てば海路の日和ありで[紀田順一郎*神保町の怪人|2000]

[解説] 「待てば甘露日和あり」と並行して使われ、おそらく「甘露」から「海路」は派生したものでしょう。「甘露」は、中国の伝説で王者仁政に感じて天が降らせるという甘い液のことですが、「甘露の日和」という表現が実感としてとらえにくく、「路の日和」と解すると、日常生活と具体的に結びつくことから、しだいに優勢になっていったものと思われます。

英語〕Everything comes to him who waits.(待つにはすべてのものが来る)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android