コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後三国 こうさんごくHu-Samguk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後三国
こうさんごく
Hu-Samguk

朝鮮,新羅末期に台頭した泰封,後百済,新羅の3国を併称した呼称。新羅は9世紀後半頃から内乱が相次ぎ各地に土豪が割拠したが,鉄円 (江原道) に拠った弓裔 (きゅうえい) は高句麗を継ぐと称して 911年には年号を定めて水徳万歳とし,国名も泰封と号した。また 900年には甄萱 (けんけん) が完山 (全羅北道) に都して後百済と号し,百済の再建を志した。こうして 10世紀初頭の朝鮮半島には微弱な新羅とともに後百済,泰封の3国対立の情勢が現出した。のち弓裔は暴に流れて人心を失い,代って部下の王建がこれを討って自立し,天授1 (918) 年高麗と称した。ところが 927年,後百済の甄萱は慶州に侵入して新羅の景哀王に迫って自殺させ,族弟金傅 (→敬順王 ) を擁立したので後百済と高麗の関係は悪化し,激しい抗争が展開された。しかし後百済ではまもなく内訌が起り,甄萱はその子神剣に圧迫されて王建のもとに走ってその庇護を受けた。代って後百済王となった神剣と王建の高麗軍は 936年,一利川 (慶尚北道) で戦い,後百済が敗北した。これより1年前の 935年には新羅の敬順王が一族をあげて王建に投降しており,後三国は王建によって最終的統一をみた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の後三国の言及

【新羅】より

…その後も私貿易は盛んであったが,9世紀に入ると朝鮮海峡に海賊船が横行し,ときに日本の沿岸を襲うこともあった。
[第5期――地方自立期]
 この時期は王畿を基盤とする貴族体制に復帰したため,地方が自立し,やがて新羅王朝も地方政権となる後三国時代を迎えた。834年に骨品制による家屋,衣服,生活用具などの規定を定め,王畿住民の身分序列を設定した。…

※「後三国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後三国の関連キーワードチョルウォン(鉄原)郡百済(くだら 朝鮮)新羅(しらぎ)王建(朝鮮)内田良平馬場信武朝鮮史一色

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後三国の関連情報