コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬順王 けいじゅんおう Kyǒngsun-wang

2件 の用語解説(敬順王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敬順王
けいじゅんおう
Kyǒngsun-wang

[生]?
[没]景宗3(979)
朝鮮,新羅の第 56代 (最後) の王 (在位 927~935) 。諱は傅。諡は敬順,あるいは孝哀。新羅末期,後三国の対立時代,後百済の甄萱 (けんけん) は景哀王4 (927) 年,新羅の首都慶州に侵入して景哀王に迫って自殺させ,族弟の金傅を擁立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいじゅんおう【敬順王 Kyŏng‐sun‐wang】

?‐978
朝鮮,新羅最後の王。在位927‐935年。姓は金,諱(いみな)は傅(ふ)。新羅は後百済・高麗と半島を三分する形勢のなかで衰退し,後百済の甄萱(しんけん)が王京(慶州)を攻めて景哀王を殺害,王族の金傅を立てて王位につけた。王はかねて友好関係を保っていた高麗の太祖王建が931年に王京を訪れたのを機に人質を差し出し,935年降伏を申し出る。王建は国都開京(開城)に迎えた金傅に対して,自分の娘をめあわせ,官爵恩賞を授けたうえ,新羅を慶州と改めてその食邑として与え,慶州の事審に任命して治めさせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

敬順王の関連キーワード義慈王金春秋新羅尼師今麻立干李王家最後の最後最後の一葉阿利斯等毛麻利叱智

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone