コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後唐 コウトウ

大辞林 第三版の解説

こうとう【後唐】

中国、五代の一。突厥とつけつ出身の李存勗りそんきよくが後梁こうりようを倒して建てた中原の王朝(923~936)。都は洛陽。重臣の石敬瑭せきけいとうに滅ぼされた。

ごとう【後唐】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の後唐の言及

【五代十国】より

…中国で,907年(天祐4)にが滅び,960年(建隆1)にが成立して979年(太平興国4)に統一を完了するまでの時期を,五代十国時代という。この間,華北では後梁,後唐,後晋,後漢,後周の5王朝が興亡したので五代といい,その他の地域に前蜀,後蜀,,南唐,呉越(びん),荆南(南平),,南漢,北漢などが併存したので十国という。唐代後半の藩鎮割拠という分裂状態が唐の滅亡で極まったのがこの時代である。…

【唐】より

…中国,五代第2番目の王朝。後唐ともいう。923‐936年。…

※「後唐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

後唐の関連キーワード馮道(ふうどう)明宗[後唐]開元天宝遺事高祖(後晋)韓熙載夜宴図明宗(後唐)李存きょく唐(五代)オングット犬上御田鍬朱邪赤心森本孝順李 存勗新五代史李 克用東丹王基肄城孫光憲孟知祥大雁塔

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後唐の関連情報