後天性免疫不全症候群

栄養・生化学辞典「後天性免疫不全症候群」の解説

後天性免疫不全症候群

 ヒト免疫不全ウイルス病エイズ (AIDS) ともいう.平成10年制定の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に,四類感染症として対策の規定された感染症.ヒト免疫不全ウイルスの感染により伝染する疾患で,重度の場合は長期の細胞性免疫不全を引き起こす.発症すると,カリニ肺炎カポジー肉腫,生命にかかわるひよりみ(日和見)感染などを起こす.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「後天性免疫不全症候群」の解説

こうてんせい‐めんえきふぜんしょうこうぐん ‥メンエキフゼンシャウコウグン【後天性免疫不全症候群】

〘名〙 (Acquired immunodeficiency syndrome の訳語) 白血病悪性リンパ腫、エイズウイルス感染症などのために、免疫機構が損なわれた状態。続発性免疫不全症候群。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

知恵蔵「後天性免疫不全症候群」の解説

後天性免疫不全症候群

エイズ」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディア「後天性免疫不全症候群」の解説

後天性免疫不全症候群【こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん】

エイズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「後天性免疫不全症候群」の解説

後天性免疫不全症候群
こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん

エイズ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

内科学 第10版「後天性免疫不全症候群」の解説

後天性免疫不全症候群(免疫不全症)

 【⇨ 4-4-3)】[伊藤貞嘉]

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

世界大百科事典内の後天性免疫不全症候群の言及

【性行為感染症】より


[エイズ(AIDS)]
 HIVウイルスによって起こる感染症。acquired immuno deficiency syndromeの略で,日本語では後天性免疫不全症候群という。発熱,全身倦怠,体重減少,下痢などの症状で発症し,表在性のリンパ節がはれてくる。…

※「後天性免疫不全症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android