後付(読み)アトヅケ

  • うしろつき
  • うしろづけ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
書籍の最後につける、付録・付図・索引・後書きなど。⇔前付け
後から付け足すこと。「後付けの周辺装置」「理由を後付けする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 背後から見た人の姿や体のかっこう。後ろ姿。おしろつき。
※竹聞(1510頃か)「うしろで、俗にうしろつきと云心也」
※浄瑠璃・大経師昔暦(1715)上「お寝間へござる後付(ウシロツキ)おかしいやらにくいやら」
〘名〙
① 連句の付け方で、普通の続け方とは異なり、付け句から前句のほうへ続けて、意味が通じるようになるもの。「障子」の句に「杉」を、「仏」の句に「石」を付け、「杉障子」「石仏」を思わせる類。〔俳諧・誹諧名目抄(1759)〕
② 本人に知らせずに事を行なうこと。
※人情本・風俗粋好伝(1825)後「うしろ付(ヅ)けの身請けして、吃驚させたその上に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後付の関連情報