後退る(読み)アトジサル

デジタル大辞泉の解説

あと‐じさ・る【後退る】

[動ラ五(四)]《「あとしざる」とも》
あとずさる1」に同じ。
「私はたじろき気味に、…一歩―・ったが」〈嘉村・秋立つまで〉
あとずさる2」に同じ。
「未(まだ)ほんとうに知らねえものと此れには困りて―・るを」〈緑雨・門三味線〉

あと‐ずさ・る【後退る】

[動ラ五(四)]
驚きや恐れなどのために、前を向いたままうしろへさがる。あとじさる。「用心しながらゆっくりと―・る」
ためらって消極的になる。あとじさる。「―・って会長職を引き受けない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとじさる【後退る】

( 動五[四] )
〔「あとしざる」とも〕
あとずさる」に同じ。 「 - ・つて、向うざまに顱巻はちまきを占め直した/婦系図 鏡花

あとずさる【後退る】

( 動五[四] )
〔「あとすざる」とも〕
前を向いたままで後ろにさがる。 「あまりの剣幕に-・る」
しりごみする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android