コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後退る アトジサル

デジタル大辞泉の解説

あと‐じさ・る【後退る】

[動ラ五(四)]《「あとしざる」とも》
あとずさる1」に同じ。
「私はたじろき気味に、…一歩―・ったが」〈嘉村・秋立つまで〉
あとずさる2」に同じ。
「未(まだ)ほんとうに知らねえものと此れには困りて―・るを」〈緑雨・門三味線〉

あと‐ずさ・る【後退る】

[動ラ五(四)]
驚きや恐れなどのために、前を向いたままうしろへさがる。あとじさる。「用心しながらゆっくりと―・る」
ためらって消極的になる。あとじさる。「―・って会長職を引き受けない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あとじさる【後退る】

( 動五[四] )
〔「あとしざる」とも〕
あとずさる 」に同じ。 「 - ・つて、向うざまに顱巻はちまきを占め直した/婦系図 鏡花

あとずさる【後退る】

( 動五[四] )
〔「あとすざる」とも〕
前を向いたままで後ろにさがる。 「あまりの剣幕に-・る」
しりごみする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

後退るの関連キーワード婦系図剣幕

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android