コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従兄ポンス いとこポンス

2件 の用語解説(従兄ポンスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

従兄ポンス【いとこポンス】

バルザックの連作《人間喜劇》中の一つ。1847年作。1846年発表の《従妹ベット》の姉妹編。老音楽家美術収集家のシルバン・ポンスをめぐるパリ生活の表裏,人間の悪徳や宿命を明【てつ】(めいてつ)な観照と円熟した手腕で描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

従兄ポンス
いとこぽんす
Le Cousin Pons

フランスの作家バルザックの小説集『人間喜劇』中の長編小説。1847年刊。主人公の、すでに往昔の名声を失った音楽家シルバン・ポンスは、美術品収集と美食に異常な情熱を燃やしている。パリで一、二の収集品を隠し持つかたわら、御馳走(ごちそう)にありつこうと、毎晩金持ちの親戚(しんせき)の食卓に顔を出すが、彼の莫大(ばくだい)な財宝にパリの下層社会に不遇をかこつ連中が目をつけ、ねらう。彼らの陰謀に気づいたポンスはショックで倒れ、全財産を親友のシュムケに遺贈して死ぬが、策謀によって彼を冷遇した親戚一家に横領されてしまう。善良な一老人縁者の財産をめぐるブルジョア社会裏面の物欲模様と、不相応な情熱に取り憑(つ)かれた人間の悲劇を活写したこの小説は、同様にパリを舞台に富裕な一族と貧しい独身縁者との間におこるドラマを描いた姉妹編『従妹(いとこ)ベット』La Cousine Bette(1846)と並んで著者最晩年の傑作。[加藤尚宏]
『水野亮訳『従兄ポンス』上下(岩波文庫) ▽平岡篤頼訳『従妹ベット』上下(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone