コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得閑斎(3代) とくかんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

得閑斎(3代) とくかんさい

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
京都の人。2代得閑斎(文屋茂喬(ぶんやの-しげたか))の没後襲名文政(1818-30)のころ判者(はんじゃ)をつとめた。姓は林。名は久敬。通称は八兵衛別号に為山軒,砂長,魚廼屋。編著に「狂歌絵入春興集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

得閑斎(3代)の関連キーワード狂歌師

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android