コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座します オワシマス

2件 の用語解説(御座しますの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おわしま・す〔おはします〕【座します】

[動サ四]《「おおまします」の音変化。「おわす」よりさらに敬意が高い》
ある」「居る」の尊敬語。いらっしゃる。
「東の五条に大后(おほきさい)の宮―・しける西の対に」〈伊勢・四〉
ものの所有者を敬って、そのものがあるの意を表す。おありである。
「さるべき契(ちぎり)こそ―・しけめ」〈・桐壺〉
行く」の尊敬語。いらっしゃる。
「惟喬(これたか)のみこ、例の狩しに―・す供に」〈伊勢・八三〉
来る」の尊敬語。いらっしゃる。
「さてよく弾きとり給ひてむほどに、宮は―・しなむ」〈宇津保・楼上上〉
(補助動詞)…てある、…ているの意の尊敬語。…ていらっしゃる。
「上も御涙のひまなく流れ―・すを」〈・桐壺〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おわします【御座します】

( 動四 )
「ある」「いる」の尊敬語。いらっしゃる。おいで遊ばす。おありになる。 「東の五条に大后おおきさいの宮-・しける、西の対に住む人ありけり/伊勢 4
この世にいる、生きている意の尊敬語。御在世である。 「同じ宮、-・しける時、亭子院にすみ給ひけり/大和 72
「行く」「来る」の尊敬語。いらっしゃる。おいで遊ばす。 「仁和のみかど、…ふるの滝御覧ぜむとて-・しける道に/古今 秋上詞
(補助動詞)
動詞の連用形、またはそれに助詞「て」の付いたものに付いて、「てある」「ている」「ていく」「てくる」などの意を敬っていうのに用いる。…ていらっしゃる。…ておいで遊ばす。 「帝、春宮の御才かしこく、すぐれ-・す/源氏 花宴
使役の助動詞「す」「さす」とともに用いて、特に敬意を強く言い表す。 「上も聞しめして興ぜさせ-・しつ/枕草子 137
形容詞・形容動詞の連用形、体言に断定の助動詞「なり」の連用形「に」の付いたもの、または、それらに助詞「て」の付いたものに付いて、叙述の意を添える「ある」「いる」の意の尊敬語として用いられる。…て(で)いらっしゃる。 「広きおほむめぐみの陰かげ筑波山のふもとよりもしげく-・して/古今 仮名序」 「仁和のみかど、みこに-・しける時/古今 秋上詞」 〔「おわします」は「おわす」よりさらに高い敬意を表す。中古では、一般に帝・后・院・東宮などの動作・状態を高い敬意をもって表すのに用いられる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御座しますの関連キーワードおまはんこっちゃさしますします座す貰かす大坐しますおましま・すおまら・すさしま・す

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone