控える(読み)ヒカエル

デジタル大辞泉「控える」の解説

ひか・える〔ひかへる〕【控える/×扣える】

[動ア下一][文]ひか・ふ[ハ下二]

㋐用事や順番に備えて、すぐ近くの場所にいて待つ。待機する。「次の間に―・える」
㋑目立たないようにしてそばにいる。「主人の後ろに―・えている」
㋒空間的・時間的に迫っている。近くに位置する。また、近い将来に予定される。「後ろに山が―・えている別荘」「決戦の日が三日後に―・えている」「幾多の難問題が―・えている」

㋐度を越さないように、分量度数などを少なめにおさえる。節制する。「酒を―・える」「塩分を―・える」
自制や配慮をして、それをやめておく。見合わせる。「外出を―・える」「発言を―・える」
[補説]2㋐㋑について、「抜歯後はお酒を控えてください」とあった場合、㋐の「少なければ飲んでもいい」の意味ではなく、㋑の「自制して飲まない」の意味ととらえるのが妥当であろう。「アルコールを摂取した場合は運転を控えてください」は、明らかに㋑の意味である。
㋒忘れないように、また、念のため書きとめておく。「日程を―・える」「要点を―・える」
衣服などを、おさえつかんで、行かせないようにする。引きとめる。「そでを―・える」「馬を―・えて待つ」
㋔引く。引っぱる。
「後ろに背負ひたれば、いとどすね弱く力なき身の、あとざまに―・ふるやうにて、道なほ進まず」〈笈の小文
[補説]中世以降はヤ行にも活用した。→ひか
[類語](1㋐)居合わせるいらっしゃる・おられる・おいでになるおわすおわしますましますある待つ待機する待ち構える待ち受ける待ち設ける待ち伏せる待ち侘びる待ちあぐむ待ちあぐねる待ちくたびれる待ち明かす待ち伏せ待ちぼうけ心待ち鶴首満を持す手薬煉てぐすね引く首を長くする爪を研ぐ身構える身構えスタンバイ控え/(1㋑)はべする侍坐じざする/(2㋐)慎む抑える節する差し控える憚る節制する/(2㋑)見合わせるやめる自粛する自重じちょうする自戒自制自律禁欲差し控える遠慮する打ち切る切り上げるよす断つ中止するとりやめる手を引く放り出す見送る思いとどまる踏みとどまる休止停止中断中絶ストップ沙汰止みお流れ立ち消え途絶断絶/(2㋒)める書き記す書き付ける録する記録するメモするノートする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android