コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

控える/扣える ヒカエル

1件 の用語解説(控える/扣えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひか・える〔ひかへる〕【控える/×扣える】

[動ア下一][文]ひか・ふ[ハ下二]

㋐用事や順番に備えて、すぐ近くの場所にいて待つ。待機する。「次の間に―・える」
㋑目立たないようにしてそばにいる。「主人の後ろに―・えている」
㋒空間的・時間的に迫っている。近くに位置する。また、近い将来に予定される。「後ろに山が―・えている別荘」「決戦の日が三日後に―・えている」「幾多の難問題が―・えている」

㋐度を越さないように、分量・度数などを少なめにおさえる。節制する。「酒を―・える」「塩分を―・える」
㋑自制や配慮をして、それをやめておく。見合わせる。「外出を―・える」「発言を―・える」
[補説]2㋐㋑について、「抜歯後はお酒を控えてください」とあった場合、㋐の「少なければ飲んでもいい」の意味ではなく、㋑の「自制して飲まない」の意味ととらえるのが妥当であろう。「アルコールを摂取した場合は運転を控えてください」は、明らかに㋑の意味である。
㋒忘れないように、また、念のため書きとめておく。「日程を―・える」「要点を―・える」
㋓衣服などを、おさえつかんで、行かせないようにする。引きとめる。「袖(そで)を―・える」「馬を―・えて待つ」
㋔引く。引っぱる。
「後ろに背負ひたれば、いとど脛(すね)弱く力なき身の、あとざまに―・ふるやうにて、道なほ進まず」〈笈の小文
[補説]中世以降はヤ行にも活用した。→控(ひか)ゆ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

控える/扣えるの関連キーワード着替える浚える復習える為終える供える出迎える称える横たえる買換える差控える

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone