コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座す オワス

デジタル大辞泉の解説

おわ・す〔おはす〕【座す】

[動サ変]
ある」「居る」の尊敬語。存在する人を敬う。いらっしゃる。おいでになる。
「昔、太政大臣(おほきおほいまうちぎみ)と聞こゆる―・しけり」〈伊勢・九八〉
ものの所有者を敬って、そのものがあるの意を表す。おありになる。
「真実の心―・せむ人は、などか恥づかしとおぼさざらむ」〈大鏡・後一条院〉
行く」の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。
「鴨院(かもゐ)へ見に―・しつれば」〈かげろふ・下〉
来る」の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。
「内裏(うち)にて御対面のついでに聞こえ給ひしかど、―・せねば」〈・花宴〉
(補助動詞)
㋐形容詞・形容動詞の連用形、断定の助動詞「なり」の連用形「に」などに付いて、…であるの意の尊敬語。…ていらっしゃる。
「世に知らずさとうかしこく―・すれば」〈・桐壺〉
「御息所(みやすどころ)もきよげに―・すれど」〈栄花・月の宴〉
㋑動詞の連用形、または、それに「て」を添えた形に付いて、動作の継続の意を添える「ある」、経過・移動の意を添える「行く」「来る」などの尊敬語。…ていらっしゃる。…ておいでになる。
「かかる人も世に出で―・するものなりけりと」〈・桐壺〉
[補説]上代の「います」に代わって、平安仮名文学で多用された尊敬語。ただし、平安時代でも訓点語としては「います」が用いられ、「おはす」はほとんど使用されていない。活用については、四段・下二段の両用とする説もあったが、いずれも確例がなく、サ変とみるのが穏当である。しかし、後世には、四段活用として用いられた例もみられる。
「盂蘭盆会(うらぼんえ)にあなたの精霊を、祀(まつ)ること在(おわ)すがごとくに、私がお迎え申したことは」〈康成・抒情歌〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おわす【御座す】

( 動サ変 )
「ある」「いる」の尊敬語。おいでになる。いらっしゃる。おありになる。 「故上-・せましかば…と思しながらも罪を隠い給はまし/源氏 夕霧
「行く」「来る」の尊敬語。 「かの寮に-・して見たまふにまことに燕巣作れり/竹取」
(補助動詞)
動詞の連用形、またはそれに助詞「て」の付いたものに付いて、「てある」「ている」「ていく」「てくる」などの意を敬っていうのに用いる。…ていらっしゃる。…ておいでになる。 「かかる人も世に出で-・するものなりけり/源氏 桐壺
形容詞・形容動詞の連用形、体言に断定の助動詞「なり」の連用形「に」、またはそれらに助詞「て」の付いたものなどに付いて、それらに叙述の意を添える「ある」「いる」を敬っていうのに用いられる。…て(で)いらっしゃる。 「この度はいかでか辞いなび申さむ。様もよき人に-・す/竹取」 「この大臣おとどどのはかくあまりにうるはしく-・せしをもどきて/大鏡 伊尹」 〔 (1) 上代にはまだ用いられず、中古の仮名文に多く用いられる。 (2) 活用については、サ変説のほかに、四段・下二段の両活用があったとするものもある。 (3) 命令形には、「おはせよ」のほかに、「おはせ」の形も見られる。「あなうれし。とく-・せ/枕草子 82」 (4) 近世には、サ変のほかに、四段の例も見られる。「なうそれなれば直実入道にて-・さぬか/浄瑠璃・念仏往生記」〕

ござす【御座す】

( 動サ特活 )
〔「ござんす」の転〕
「来る」の意の尊敬語。いらっしゃる。 「必ず-・せと様をまねく/松の葉」
(補助動詞) 「ある」の意の丁寧語。 「近年大坂にて通言をはくこと流行、妙で-・す/洒落本・虚実柳巷方言」 〔活用は「ござります」に同じ〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御座すの関連キーワード補助動詞洒落本連用形

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android