コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御料人 ごりょうにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御料人
ごりょうにん

御領,御寮,御寮人ともいう。他人の尊敬語。また,貴人の息子・息女の尊敬語。近世では,中流の人の娘,または年若い妻の尊敬語として使われた。『源平盛衰記』では木曾義仲を,『曾我物語』では源頼朝をこう呼んでおり,『貞丈雑記』には「人の妻を御料人と云ふ」「今時人の娘の事を,御料とも御料人とも云ふ人有り,誤まり也」とある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごりょうにん【御料人】

貴人の子息・子女の意。御料とは貴人の間で家督や配偶の資格ある男子へ与えられる資産をいうが,転じてそれを得る資格のある家督・配偶予定者を御料人と呼ぶようになった。したがって元来は公家の男子に限って用いられる言葉であったが,室町時代には公家の息女にも広げて用いられるようになった。江戸時代に入ると武家で大名の息女がもっぱら姫と呼ばれたのに対し,諸士の息女を御料人と呼ぶようになり,この風が町人にも波及して町人の娘も御料人といわれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御料人の関連キーワード赤松義村五条寛子五条経子大儀院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android