コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御寮 オリョウ

デジタル大辞泉の解説

お‐りょう〔‐レウ〕【御寮】

《「御寮人(おりょうにん)」の略》
尼。比丘尼(びくに)。特に比丘尼の長。お庵(あん)。
「比丘尼の師たるものを―といひて」〈風俗文選・師説〉
江戸時代、勧進比丘尼の元締め。比丘尼を抱え、売春をさせた。
「いつ頃より―猥(みだり)になして、遊女同前に相手も定めず」〈浮・一代男・三〉

ご‐りょう〔‐レウ〕【御寮/御料】

《家督・配偶などの、料となるべき人(候補者)の意。「寮」は当て字》
御寮人」の略。「嫁―」
貴人またはその子息・息女をいう尊敬語。人名の下に付いて接尾語的にも用いる。
「―きこしめして」〈曽我・三〉
「万寿―」〈太平記・一〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おりょう【御寮】

「御寮人おりようにん」の略。 「此の-が所へは方々から酒ささをたくさんにたもるに/狂言・比丘貞」
勧進比丘尼かんじんびくに・歌比丘尼の元締め。 「いつごろより-猥みだりになして遊女同前に/浮世草子・一代男 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の御寮の言及

【歌比丘尼】より

…ビンザサラを伴奏とした小歌などをうたい盛場に出て売色をもっぱらとしたが,春になると無紋の地味な小袖に幅広帯を前に結び,黒木綿を折った帽子を頭に脇に箱をかかえ,ひしゃくをもった小比丘尼を連れて勧進に出た。江戸中期には年の過ぎた者が御寮(おりよう)と称し,山伏などを夫にもち,江戸浅草などで比丘尼屋を出し売色をして繁盛したが,1780年代(天明年間)以降しだいにすたれた。比丘尼【山路 興造】。…

※「御寮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御寮の関連キーワード万里小路充房御寮人さん四辻与津子浮世草子歌比丘尼文智女王東福門院嫁御寮花嫁御子守歌瓜子姫御料人比丘尼人好し米市御料

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android