コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御末 オスエ

デジタル大辞泉の解説

お‐すえ〔‐すゑ〕【御末】

内裏、または室町時代の将軍家で、諸臣との応対に用いられた奥向きの一室。また、そこに詰めた者。
江戸時代、将軍家または大名家で、水仕(みずし)雑役などに従事した下級侍女。また、その詰め所。はしため。おはした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おすえ【御末】

室町時代から江戸時代にかけて,下級の身分で内裏将軍家の雑役を務めた男女の称。内裏,室町将軍家では諸家,諸臣らの対面にあてられた室を御末間(おすえのま)といい,そこには御末と呼ばれる身分の低い侍女が奉仕した。江戸時代には,将軍家,諸大名に仕える奥女中のなかで水仕(みずし),雑役を務めた下級の者を御末といい,彼女らがたむろする室も同様に称した。また,室町時代には,将軍家の食事を調えたり,宿直をしたりする雑役を務めた下級武家を御末衆(おすえのしゆ),御末男衆,御末男などと称し,略して御末とも呼んでいた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おすえ【御末】

宮中・将軍家・諸侯などの奥向きで、雑役に従事する女の詰めている部屋。また、その女。おはした。
「御末衆」の略。
〔女房詞〕 扇。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御末の関連キーワード記紀批判言も疎か女房詞思わず伝わる玉垣の供御方細い吉相宮中俏す諸侯仲居

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android