御末(読み)オスエ

世界大百科事典 第2版の解説

おすえ【御末】

室町時代から江戸時代にかけて,下級の身分で内裏将軍家の雑役を務めた男女の称。内裏,室町将軍家では諸家,諸臣らの対面にあてられた室を御末間(おすえのま)といい,そこには御末と呼ばれる身分の低い侍女が奉仕した。江戸時代には,将軍家,諸大名に仕える奥女中のなかで水仕(みずし),雑役を務めた下級の者を御末といい,彼女らがたむろする室も同様に称した。また,室町時代には,将軍家の食事を調えたり,宿直をしたりする雑役を務めた下級武家を御末衆(おすえのしゆ),御末男衆,御末男などと称し,略して御末とも呼んでいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おすえ【御末】

宮中・将軍家・諸侯などの奥向きで、雑役に従事する女の詰めている部屋。また、その女。おはした。
「御末衆」の略。
〔女房詞〕 扇。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐すえ ‥すゑ【御末】

〘名〙
① 内裏や室町将軍家の部屋の名称。諸家諸臣等の対面などに用いられた。また、そこに仕える身分の低い侍女。
※海人藻芥(1420)「内裏に御すえといふ所あり。常の人の所ならば、中居などの辺なり」
② 江戸時代、幕府、大名の奥女中のうち、水仕(みずし)、雑役に従事する下級の女中のいる部屋。また、その女中。おはした。はしため。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)二「広々たる台所、おすゑのはしをはたらき、或はとも、つかひにまかりたるてい」
※蔭凉軒日録‐寛正四年(1463)一〇月九日「御末小林訴訟之云々」
④ 扇子をいう女房詞。〔公家言葉集存(1944)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android