コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御杖村 みつえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御杖〔村〕
みつえ

奈良県東端の村。宇陀山地東部を占める。村名は東部の神末 (こうずえ) にある御杖神社に由来。中心集落の菅野はかつて宿場町として発展。農林業が主で,磨き丸太が生産される。村内には伊勢神宮ゆかりの古社が多い。南部の高見山地一帯は室生赤目青山国定公園に属する。面積 79.58km2。人口 1759(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

御杖村の関連キーワード奈良県宇陀郡御杖村土屋原奈良県宇陀郡御杖村桃俣奈良県宇陀郡御杖村神末奈良県宇陀郡御杖村菅野みつえ青少年旅行村桜井宇陀広域連合伊勢本街道 御杖奈良県宇陀郡御杖村の要覧御杖(村)ほうれん草三峰山日の出

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御杖村の関連情報