御題(読み)オダイ

デジタル大辞泉の解説

お‐だい【御題】

新年の宮中行事「歌御会始め」に天皇が出す勅題。御題(ぎょだい)。
詩歌や川柳、落語の三題噺(さんだいばなし)の題の美化語。「今週のお題は雪見」
[補説]1はかつて「御題(ぎょだい)」といっていたが、昭和38年(1963)に「お題」と改められた。

ぎょ‐だい【御題】

天皇の書いた題字。
天皇が出した詩文の題。勅題。→お題

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょだい【御題】

天皇が書いた題字。
天皇が選んだ詩歌・文章の題。勅題。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょ‐だい【御題】

〘名〙
① 天皇がみずからお書きになった題字。天子親筆の題字。〔杜甫‐八哀詩・鄭虔〕
② 天皇が出す詩歌、文章などの題目。特に、新年の歌御会始(うたごかいはじめ)の題目をさすことが多い。勅題。
※源氏(1001‐14頃)乙女「式部のつかさのこころみの題をなずらへて御だい給ふ」 〔張‐宴鮒馬宅詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android