コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪見 ゆきみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪見
ゆきみ

雪景色を観賞すること,およびその際の遊びをいい,「観雪」「賞雪」「看雪」ともいう。雪は月や花とともに古くから歌の題材になっていたが,いわゆる雪見の宴の記録としては,『日本三代実録』にみえる貞観 14 (872) 年に行われたものが最も早く,その後,絶えることなく続けられてきている。京では小野の里の雪見が有名。江戸時代になると雪見も庶民化し,化政期に刊行された岡山鳥の『江戸名所花暦』冬の部によると,愛宕山,高輪,長命寺,牛御前王子権現社,三囲稲荷社,待乳山,市ヶ谷八幡宮,忍ヶ岡,東叡山寛永寺などが江戸っ子たちの雪見の名所であったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐み【雪見】

雪の降るさまや積もった景色を見て楽しむこと。また、その遊宴 冬》「門を出て行先まどふ―かな/荷風

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきみ【雪見】

雪景色をながめ賞すること。 [季] 冬。 《 いざゆかん-にころぶ所まで /芭蕉 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪見
ゆきみ

雪景色を観賞すること。大雪は豊作の前兆といわれ、積雪地帯では雪害に苦しんだが、一般には喜ばれた。そのこととの関連は明確でないが、宮廷や幕府では雪見の宴などが開かれた。延暦(えんりゃく)年間(782~806)からは初雪が降ると、群臣が参内(さんだい)して初雪見参(げんざん)が始まり、貞観(じょうがん)(859~877)のころからは雪見の宴を開く風もおこった。11世紀には白河(しらかわ)院が雪見の御幸(みゆき)をされ、後深草(ごふかくさ)帝の1251年(建長3)には後嵯峨(ごさが)上皇が船に乗って雪見をされた。鎌倉時代には幕府も雪見の宴を開き、室町、江戸に続く。芭蕉(ばしょう)の「いざ行かん雪見にころぶところまで」の句は有名で、風雅の徒が腰に瓢箪(ひょうたん)をぶら下げ、あるいは座敷の中で雪見酒の杯(さかずき)を傾ける。東京では上野、向島(むこうじま)、浅草公園などが雪見の場所とされ、隅田川には雪見船も出た。なお、障子の下半分が持ち上げられるようにつくり、ガラスをはめ込んだものなどを雪見障子、略して雪見という。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雪見の関連キーワード兵庫県神戸市兵庫区雪御所町阿賀野川ライン舟下り東京都荒川区西日暮里清水六兵衛(3代)小野雪見御幸絵巻雪見だいふくの日長命寺(東京都)摺り上げ障子いざさらば伊藤つかさ長谷川夕道わたぼうし植村喜八郎荒川(区)森次晃嗣北越雪譜浜田翔子初雪見参阪本麻美歌川豊春

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪見の関連情報