コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷党 キョウトウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐とう〔キヤウタウ〕【郷党】

その人の郷里。また、郷里を同じくする仲間。「郷党の期待をになう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうとう【郷党】

その人のふるさと。また、ふるさとに住む人々。 「 -の鬼才といはれた/山月記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郷党
きょうとう

郷土意識から生じた同類意識に基づく一種の派的結合をいう。都市や異郷の地にあっては、同じ郷土(故郷、家郷)に生まれ育ったという「われわれ意識」に目覚め、それを契機に同郷集団をつくる傾向がある。とくに近代に入ってから、都市化が進行するにつれ、郷土意識をもった農村出身の人々が増え、郷党を結ぶ傾向が現れた。それは、たとえば、同郷出身の先輩・後輩の関係を通じての育英、就職などの世話にみられ、あるいは、異郷の地における県人会、学校や企業における県人会などの活動にみられた。今日でも、たとえば国会議員の選挙などに、こういった傾向が利用されることがある。もっとも、この党派的結合は今日ではかつてほどには顕著ではないと思われるし、郷土意識そのものも変質しつつある。しかし、近代以降の日本においては、郷土意識が愛郷心から愛国心にまで高められ、国家権力を支える精神的な結合に利用されたことは忘れられない。[高橋勇悦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

郷党の関連キーワード鬭・倒・偸・党・冬・凍・刀・到・唐・塔・套・島・当・悼・投・搭・東・桃・桐・棟・湯・滔・濤・灯・燈・當・痘・登・盗・盜・祷・禱・稲・稻・等・筒・答・糖・納・統・蕩・藤・討・読・謄・豆・踏・蹈・逃・透・闘・陶・韜・頭・騰・黨論語/名言集三浦梅園旧宅池辺吉十郎鍋島 直彬里[日本]林爽文の乱小野善兵衛斉藤修一郎安岡 雄吉ふるさと立原翠軒池田草庵木下尚江高野長英甲州財閥亀井南冥山月記三長制三達尊

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android