郷党(読み)キョウトウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐とう〔キヤウタウ〕【郷党】

その人の郷里。また、郷里を同じくする仲間。「郷党の期待をになう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郷党
きょうとう

郷土意識から生じた同類意識に基づく一種の党派的結合をいう。都市や異郷の地にあっては、同じ郷土(故郷、家郷)に生まれ育ったという「われわれ意識」に目覚め、それを契機に同郷集団をつくる傾向がある。とくに近代に入ってから、都市化が進行するにつれ、郷土意識をもった農村出身の人々が増え、郷党を結ぶ傾向が現れた。それは、たとえば、同郷出身の先輩・後輩の関係を通じての育英、就職などの世話にみられ、あるいは、異郷の地における県人会、学校や企業における県人会などの活動にみられた。今日でも、たとえば国会議員の選挙などに、こういった傾向が利用されることがある。もっとも、この党派的結合は今日ではかつてほどには顕著ではないと思われるし、郷土意識そのものも変質しつつある。しかし、近代以降の日本においては、郷土意識が愛郷心から愛国心にまで高められ、国家権力を支える精神的な結合に利用されたことは忘れられない。

[高橋勇悦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐とう キャウタウ【郷党】

〘名〙 (「郷」は一万二千五百家、「党」は五百家からなる古代中国の行政区画) 自分の出身地。郷里。むらざと。また、そこに住む人。同郷の人々。郷里を同じくする仲間。〔文明本節用集(室町中)〕
※河霧(1898)〈国木田独歩〉「郷党(キャウタウ)みな渠が前途の成功を卜して其門出を祝した」 〔礼記‐曲礼上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報