コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷党 キョウトウ

3件 の用語解説(郷党の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐とう〔キヤウタウ〕【郷党】

その人の郷里。また、郷里を同じくする仲間。「郷党の期待をになう」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょうとう【郷党】

その人のふるさと。また、ふるさとに住む人々。 「 -の鬼才といはれた/山月記

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郷党
きょうとう

郷土意識から生じた同類意識に基づく一種の党派的結合をいう。都市や異郷の地にあっては、同じ郷土(故郷、家郷)に生まれ育ったという「われわれ意識」に目覚め、それを契機に同郷集団をつくる傾向がある。とくに近代に入ってから、都市化が進行するにつれ、郷土意識をもった農村出身の人々が増え、郷党を結ぶ傾向が現れた。それは、たとえば、同郷出身の先輩・後輩の関係を通じての育英、就職などの世話にみられ、あるいは、異郷の地における県人会、学校や企業における県人会などの活動にみられた。今日でも、たとえば国会議員の選挙などに、こういった傾向が利用されることがある。もっとも、この党派的結合は今日ではかつてほどには顕著ではないと思われるし、郷土意識そのものも変質しつつある。しかし、近代以降の日本においては、郷土意識が愛郷心から愛国心にまで高められ、国家権力を支える精神的な結合に利用されたことは忘れられない。[高橋勇悦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郷党の関連キーワード郷里軌を一にする兄弟同腹同房法眷日を同じくして論ぜず国元同志朋輩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

郷党の関連情報