コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復興金融公社 ふっこうきんゆうこうしゃReconstruction Finance Corporation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

復興金融公社
ふっこうきんゆうこうしゃ
Reconstruction Finance Corporation

H.フーバー大統領の要請により大不況の最中の 1932年1月 22日議会を通り設立されたアメリカ合衆国政府金融機関。不況の進行に伴い農業,商工業に融資をしていた諸銀行は存立の危機に見舞われたが,復興金融公社は銀行や鉄道などに緊急融資をすることをその任務とし,その資金源を連邦政府に求めた。第2次世界大戦中は軍事生産のための特殊金融機関として活動し,戦後は中小企業向け貸出しをはじめ各方面に業務を拡大したが,共和党政権の私企業優先政策にのっとり 53年7月 30日の法案廃止が決定され,57年6月 30日施行された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

復興金融公社
ふっこうきんゆうこうしゃ
Reconstruction Finance Corporation

1932年2月、アメリカ合衆国のフーバー政権により設立された連邦政府の融資機関。大恐慌の経済危機の下で経営状態が悪化した企業に対し、政府資金の活用により救済、てこ入れすることを目的とし、資本金は5億ドル、また融資活動の資金調達のため20億ドルまで借り入れる権限を認められた。設立当初、とくにひどい窮状にあった金融機関と鉄道中心に貸付が行われたが、ニューディール期に一般企業への貸付や輸出入銀行をはじめとする他の政府機関への出資など、その機能が拡大し、さらに第二次世界大戦期には国防生産施設公社、その他の戦時機関を設立して、軍需生産増強の面でも重要な役割を果たした。[新川健三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

復興金融公社の関連キーワードフーバー(Herbert Clark Hoover)ハーバート・C. フーバーアメリカ合衆国史(年表)マイアードーズ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android