コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微山湖 びざんこ

百科事典マイペディアの解説

微山湖【びざんこ】

中国,山東省南部,済寧の南から江蘇省との省境まで,南北に細長い湖。北から南陽湖,昭陽湖と呼ばれる部分があり,東に独山湖がある。面積は約620km2大運河が貫通し,内陸水運に重要。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びざんこ【微山湖 Wēi shān hú】

中国,山東省の南西端,中原平野と山東丘陵の間の低窪地に細長く形成される湖。面積660km2。北西につながる昭陽湖,独山湖,南陽湖と合わせて,かつて済寧以北に存在した北四湖に対して南四湖と呼ばれる。総面積は1266km2。湖の東岸を大運河と京滬(けいこ)鉄道(北京~上海)が走り,南北交通の要地を占め,しばしば反体制勢力の拠点となった。ここにはもともと湖水はなかったが,黄河のはんらんが繰り返されるなかで積水し,とくに南宋の1194年(紹熙5),黄河が南流したとき湖面が拡大した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

微山湖
びさんこ / ウェイシャンフー

中国、山東省南部、江蘇(こうそ)省との省境にある湖。面積660平方キロメートル。済寧(さいねい)の南から北西―南東方向に南陽(なんよう)、独山(どくざん)、昭陽(しょうよう)、微山の各湖が並び、互いに連なっているため南四湖ともいう。魯(ろ)運河(大運河の一部)が横(東側)を通り、古来、南の揚子江(ようすこう)水系と北の黄河水系とを結ぶ水運の要所であった。華北平原と魯中(ろちゅう)山地との間にあり、低地帯のため水害も多かったが、一部大運河と合流させるなど、改修を繰り返し克服してきた。[駒井正一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

微山湖の関連キーワードチーニン(済寧)特別市シャントン(山東)省ウェイシャンフーペイ(沛)県棗荘