コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微生物タンパク(蛋白)(読み)びせいぶつたんぱく

百科事典マイペディアの解説

微生物タンパク(蛋白)【びせいぶつたんぱく】

微生物の菌体に含まれるタンパク質。飼料や食料にするが,おもに酵母や細菌のような単細胞微生物が用いられるため,SCP(single cell protein,単細胞タンパク)ともよばれる。石油系原料から得られるものは石油タンパクとも呼ばれた。微生物はタンパク質含量が高く,増殖も早い。また大量集約生産も可能なため,世界のタンパク質不足を解決するとして注目され,各国で開発が行われ工業化された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android