コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微量元素欠乏症 びりょうげんそけつぼうしょう

1件 の用語解説(微量元素欠乏症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

びりょうげんそけつぼうしょう【微量元素欠乏症】

 体内では、さまざまな物質が合成されたり分解されたりしていますが、こうした過程は、いろいろな酵素(こうそ)というものがなくてはできません。この酵素のはたらきは、そのなかにある金属元素ミネラル成分)なしではおこりません。
 このような元素は、食物からとるほかなく、欠かせないものなので、必須微量元素(ひっすびりょうげんそ)と呼んでいます。
 必須微量元素には、亜鉛(あえん)、銅、クロムヨードコバルトセレンマンガンモリブデンなどがありますが、これらが欠乏した状態が微量元素欠乏症です。これらの元素のうち、亜鉛と銅の欠乏症がよく知られています。
 ふつうの食生活をしているかぎり、微量元素欠乏症になることはありません。
 最近よく行なわれている、点滴だけの栄養補給高カロリー輸液)を長期間続けた場合におこります。
 脳卒中(のうそっちゅう)の後遺症などで、食べることができず、栄養食だけで栄養をとっている場合にもおこることがあります。
 亜鉛欠乏症の症状は、高カロリー輸液時にしばしばみられ、顔や股部(こぶ)に水疱(すいほう)や化膿(かのう)をともなう発疹(ほっしん)ができ、しだいに全身に広がっていきます。また、脱毛(だつもう)や爪(つめ)の変化、さらに口内炎(こうないえん)や腹痛、吐(は)き気(け)、下痢(げり)などの腹部症状も現われます。
 銅欠乏症の症状は、高カロリー輸液を始めてから数か月後にみられ、白血球(はっけっきゅう)の減少、貧血(ひんけつ)、骨の変形(小児の場合)などが現われます。
 セレン欠乏症の症状は、1年以上にわたり高カロリー輸液を行なうとみられます。不整脈(ふせいみゃく)や心不全(しんふぜん)がおこる場合と、脚(あし)に筋肉痛がおこる場合とがあります。
●検査
 血液中の微量元素の測定を行ないます。
●治療
 高カロリー輸液用の微量元素剤が使用されます。これを輸液に入れ、点滴で補給します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

微量元素欠乏症の関連キーワード代謝拮抗物質物質代謝ペプトン卵殻膜産生品品まざまざし・い合成速度デノボ合成光合成サイクル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone